ウルヴァリンとBLOOD-C

先日「BLOOD-C」っていうアニメを(HDDを整理するという消極的な理由で)流し見てたのですが、何このウェポンXプログラム。要するにラストでちゃぶ台返しする手法で、「主人公の記憶が実は全部偽りでした」みたいな話になるわけですが、「ああ、ラリー・ハマが書いてた80年代のウルヴァリンは、こんな感じだったなあ」と思いながら見ていた。映画の「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」の元ネタなのに、日本だとここら辺ってロクに紹介されてないな。いや、しなくて良いけど。今更だし。
96477059734_62.gif 96477059734_65.gif
昔、恋人シルバーフォックスとラブラブしてたとか、そのシルバーフォックスがセイバートゥースに殺されたとかいうウルヴァリン本人の記憶が、実はウェポンXによって捏造された物なんではないか?という疑惑が出てきて、実際自分の記憶と合致する映画のセットみたいな場所を見つけて苦悩するわけ。で、殺されたシルバーフォックスが実は生きてたことが判明し、今度は本当にセイバートゥースに殺されて、結局俺の記憶はもう全部信用できないのかよ!と嘆いたまま放置されるという。(現在のタイムラインだと、ここら辺の工作も全部ロミュラスが糸引いてたことになってんのかな?)
ラストで、シルバーフォックスと過ごした愛の巣(山小屋)が実在してたことをニック・フューリーが調べ出してくれて、嗚呼あの愛だけは本当だったんだと涙して終わるところは、「BLOOD-C」よりは良心的か。

ちなみに「BLOOD-C」は悪趣味なグロシーンがあったり、最終回でニヤケ顔の黒幕を取り逃したりとカタルシスの無い話だったので、特にお勧めはしない(あんな外道は叩っ斬らなきゃダメだろう←時代劇脳)。劇場版で続きやるそうだが、いいんだよそんな引っ張りは。

↓以上、たぶんここら辺に収録されているはず

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MONDO

Author:MONDO
行ってみたいなジーン・グレイ学園。そんなアメコミ好きのオッサンのブログ。

↓ツイッター始めました
mondocomics2013

コメント欄よりツイッターに話しかけてくださったほうが、レスポンスが良いかと思われます。

FC2カウンター
最新アメコミ関連商品

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
FC2ブログランキング 応援お願いします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング 応援お願いします