FC2ブログ

ウルヴァリン:SAMURAI レビュー

 ウルヴァリンを主役としたシリーズ最新作。
 本作の舞台は日本。ウルヴァリンが日本と馴染みが深いのは、原作コミックのファンにはよく知られているが、ついに大スクリーンでその物語が語られる時がやってきた。ファンとして感無量である。

wolsamurai000001.jpg

 先の戦い(『X-MEN:ファイナル ディシジョン』)で、愛する女性ジーン・グレイを自らの手で殺してしまったローガンヒュー・ジャックマン)は、深い後悔と自責の念に苛まれ世捨て人同然の暮らしを送っていた。
 だがそんな彼の前に現れたのが、日本刀を華麗に操る女戦士のユキオ福島リラ)。彼女は、ローガンが第二次世界大戦中に長崎で命を助けた大富豪・ヤシダの使いだった。
 ヤシダに招かれ、日本の地を再び訪れるローガン。彼を待っていたのは、死に瀕したヤシダとその一族の複雑な人間関係だった。
 ヤシダの葬式の最中、孫娘マリコTAO)を拉致しようと、ヤクザの一団が襲いかかる。マリコを守るために、心ならずも再び戦いに身を投じるローガン。だが彼の不死身の治癒能力に異変が生じ、命がけの危機が訪れる。そして逃避行の中、マリコとの間に新たな愛が芽生えていく。
 しかしローガンの行く手には、彼の不死身の能力を奪おうとする陰謀が待ち受けていた……


 本作の原題は『The Wolverine』という。
 ウルヴァリンというキャラクターをより掘り下げ、正に決定版となることを目指し製作された。その舞台に日本が選ばれたのは言うまでもなく、コミックでの彼の最初の主役シリーズ(『ウルヴァリン』ヴィレッジブックス刊)に由来するが、ウルヴァリンをX-MENの世界から完全に切り離すことで、その個性を浮き彫りにする狙いがあったのだろう(脚本段階では、「ミュータントは世界でウルヴァリンただ一人」という設定にする案も検討されたそうだ)。その狙いは的中し、今までのどのシリーズよりもウルヴァリンの内面に迫ったストーリーになっている。
 敵がヤクザや忍者というのも、ウルヴァリンの武器が両手の鋭い爪であり近接戦闘を得意とすることを考えれば、格好の相手と言える。シンゲン真田広之)との、爪と刀が激突する決闘は、両俳優の熱演で緊張感あふれる名シーンとなった。新幹線上の、めちゃ根性座ったヤクザとのバトルも見ものだ。

 物語的には、ジーンを殺したショックで生きる目的を見失ったローガンが、再び戦士としての誇りを取り戻すことが主眼になっている。象徴的なのは、ヤシダから聞かされた「クズリ」の伝説をマリコが話した時、「クズリはもういない」と応えるシーン。クズリ=ウルヴァリンは、ローガンにとって、戦士としてヒーローとしての呼称なのだ。
 そしてもう一度愛する者のために立ち上がった時、彼は言う。「俺はウルヴァリンだ」と。

 俳優陣は、主役のヒュー・ジャックマンの素晴らしさはもはや言うまでもない。親日家の彼の熱意が無ければ、この映画は誕生しなかっただろう。
 注目すべきは、今回抜擢された二人の日本人女優である。海外でトップモデルとして活躍する二人だが、本格的な演技は本作が初めて。それだけにぎこちない面もあるが、ハリウッドの一流俳優を向こうにまずは堂々たる演技だったと健闘を讃えたい。TAOは自然な演技で、しとやかさの中に芯の強さを感じさせる日本人女性を演じきった(理想のマリコでした)。福島リラは、原作のキャラを現代風にアレンジした、チャーミングな女戦士で個性を発揮し、アクションでも健闘。ローガンのサイドキック(相棒)として、今後の再登場を期待したいほどだ。

 日本人としては気になるのが日本描写だが、大規模な日本ロケを敢行しただけに、思ったほど違和感は無い。地理関係がおかしいだろう、など細かいツッコミはあるが(ここらへん、わざとなのか天然なのか判断に困るところ)。なにぶんコミックが原作なので、「現代日本に忍者なんているか!」と真面目な人は怒らないように。
 なお字幕版で見ると、英語と日本語が入り混じった独特の雰囲気が味わえる。


 脚本的にいま一歩甘さが感じられる点など不満もあるが、それでも個人的にはお気に入りの一本になった。なにしろ(ファーストクラスのカメオ出演を除けば)、四年ぶりのウルヴァリン。再会を心から喜ぼう。そして、来年にはX-MENの新作、『デイズ・オブ・フューチャー・パスト』が待っている(本作のエンディング・クレジット中に、嬉しいオマケがあるので、くれぐれもあわてて席を立たないように)。

 そして、それとは別に、ウルヴァリン単独映画の続編も期待したい。
 本作で改めて感じたのは、ウルヴァリンというキャラクターの自由度だ。X-MENはミュータント差別という主題があってなかなかそこから離れられないが、ウルヴァリンはどんなストーリーにも適応して、世界を広げられる。
 本作でウルヴァリンは日本人から「浪人」と呼ばれる。主君を持たない侍=目的を失った人間という否定的な意味で使われているのだが、いやいや、日本の時代劇では「素浪人」は、何物にも縛られない自由人のヒーローという意味もあるのだよ。
 素浪人・ウルヴァリンの、次なる冒険やいかに?考えただけでワクワクするではないか(次の舞台は、魔都マドリプールあたりかな?)。

 『ウルヴァリン:SAMURAI』全国劇場で絶賛上映中。
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

お久しぶりです。
面白かったですね!従来のX-MENシリーズとはまた違った雰囲気が成功の鍵になったと思います。予想よりまともな日本描写に驚いたんですが、けっこう「日本じゃねぇ!」って意見多いみたいで、自分がいかに染まってるか再確認してしまいました(笑)

ユキオが良いなと思ったのですが、よく考えたらむさ苦しい主人公と勝ち気な小娘って個人的にド直球なの忘れてました

レビュー更新お疲れ様です。
前の記事でもコメントさせていただいておいて恐縮ですが、やはり面白かったですね。
とはいえ各バトルシーンがあっさりしすぎているのが個人的にマイナスでした。
新幹線での戦いやvsシンゲン戦は良かったのですが、忍者軍団やシルバーサムライはさほど興奮しなかった。
自分は大した審美眼があるわけではありませんが、もっとシンゲンをメインに据えても良かったのでは、と思いました。

とはいえやっぱり大満足の出来。
日本人で良かったとさえ思います。
そういやバイトでスマスマ見れなかったなぁ……

No title

ウルヴァリンがマリコに、日本の食卓の礼儀作法を教わるシーンは、監督が尊敬する小津安二郎を真似てみたようですね。
自分としては、用心棒や仕置人のようなウルヴァリンも見てみたいです。

No title

みなさん、お返事遅れて申し訳ありません(最近ブログ放置気味で…)。

>タヌキさん
映画のユキオはコミックで言うと、ジュビリーの路線でしたね。
ローガンとの関係性はとても好きです。

>おかきさん
映画のシンゲンは、真田さんに合わせると、こういうアレンジになるのか
という感じでしたね。
あと忍者とのバトルは、ブルーレイのエクステンデット版だと増量されるようですよ。

>サイ吉さん
用心棒、良いですね。ヒュー・ジャックマンはだんだんイーストウッドに
似てきたので、『荒野の用心棒』になるかも?

プロフィール

MONDO

Author:MONDO
行ってみたいなジーン・グレイ学園。そんなアメコミ好きのオッサンのブログ。

↓ツイッター始めました
mondocomics2013

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

FC2カウンター
最近の記事
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブログランキング 応援お願いします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング 応援お願いします