FC2ブログ

ウルヴァリン・タイムライン!

 『ウルヴァリン:シビル・ウォー』に続き、明日8月28日には『ウルヴァリン:エネミー・オブ・ステイト』が発売される。そこで今回は、当時(2004~2007年)のウルヴァリンの状況を、簡単に整理してみたいと思う。読書の参考にされたい。



アストニッシングX‐MEN』(2004.7~)
 サイクロップス&エマ・フロスト体制でX-MENが再スタート。直前のストーリーで、ジーン・グレイが死亡している。
                 ↓
woltimeline0001.jpg
ウルヴァリン:エネミー・オブ・ステイト』(2004.12~『ウルヴァリン』#20-31)
 ハンドヒドラの罠にはまったウルヴァリンは、仲間だったヒーローたちに襲いかかる。合衆国の敵となった彼の運命は?
                 ↓
ニューアベンジャーズ』(2005.1~)
 ウルヴァリン、ニューアベンジャーズに加入。
 キャプテンアメリカが当初ウルヴァリンの加入に反対だったのは、直前に『エネミー・オブ・ステイト』事件があったことが大きい。
                 ↓
woltimeline0002.jpg
ハウス・オブ・M』(2005.8~)
 スカーレットウィッチによる世界の改変。 
 この事件でウルヴァリンは、失っていた過去の記憶の全てを取り戻す。
                 ↓
woltimeline0003.jpg
ウルヴァリン:オリジンズ(原書)』(2006.6~)
 取り戻した過去の記憶を巡る物語を追った、第2の個人誌がスタート。
 やがてウルヴァリンは、死んだと思っていた息子のダケンと再会。そして自分の人生を影から操っていた男・ロミュラスと対決する。
                 ↓
ウルヴァリン:シビル・ウォー』(2006.7~ 『ウルヴァリン』#42-48)
 超人登録法に揺れるヒーローたちを他所に、ウルヴァリンは独り真の悪を追う。
                 ↓
woltimeline0004.jpg
ウルヴァリン:エボリューション(原書)』(2007.3~ ウルヴァリン』#50-55)
 宿敵・セイバートゥースと最終決戦。ムラマサブレードで首を斬り落とし、長年の因縁に決着をつけた(……はずだったが後に復活)。
                 ↓
デス・オブ・キャプテン・アメリカ』(2007.4~)
 シビルウォーの終結。そしてキャップの死。『フォールン・ソン(原書)』では、ウルヴァリンはキャップの遺体を確かめようとシールド基地に潜入する。
                 ↓
ニューアベンジャーズ:レボリューション』(2007.4~)
 地下に潜ったニューアベンジャーズは、異星人スクラルの侵略が秘かに進行していることに気づく。ウルヴァリンも中心メンバーとして活躍。



 ……といった感じです(なお、アメコミの場合、様々な出来事が同時進行していることがあるので注意されたい)。

 この先も、ミュータントの救世主を巡る戦い『X-MEN:メシア・コンプレックス(原書)』(2007.12~)。
 そして、ヴィレッジブックスから翻訳が予定されている、『シークレット・インベージョン』(2008.6~)
 と、ウルヴァリンの活躍はまだまだ続いていくのだが、今回はこの辺で。

 それにしても、気がつくとこの時期の翻訳がけっこう充実していることに驚く。出版社の方々に感謝感謝。今後も期待してます!


○ウルヴァリン翻訳本、映画公開に向けて続々発売!



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

大概のヒーローに当てはまると思いますけど、ウルヴァリンはアーティストごとに全然違う印象を受けますね。
力強い正統派パワーキャラ、って時もあればスタイリッシュなダークヒーローの時もあるし。

No title

>おかきさん
アーティストによって、イケメンだったり野獣だったり…w
今度の『エネミー・オブ・ステイト』はおなじみジョンロミータJrですが、
いつになく渋いウルヴァリンの表情が見られますよ。

No title

もうダークフェニックス・サーガの時みたいに、コンビニでエロ本(アメリカ版プレイボーイ?)を堂々と立ち読みをしないんですかね?

No title

>サイ吉さん
あそこのシーンは大好きですねw
ウルヴァリンの魅力の一つは、コメディもこなせるということです。
プロフィール

MONDO

Author:MONDO
行ってみたいなジーン・グレイ学園。そんなアメコミ好きのオッサンのブログ。

↓ツイッター始めました
mondocomics2013

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

FC2カウンター
最近の記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブログランキング 応援お願いします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング 応援お願いします