ゴーストライダー その歴史

 映画『ゴーストライダー2』公開記念!
 コミックのゴーストライダーの歴史を簡単にまとめてみました。

grider001.jpg
 サーカスのバイクスタントマンだったジョニー・ブレイズは、ガンに冒された義父の命を救うために、悪魔メフィストに魂を差し出す契約をする。その後、義父は事故で命を失ったが契約は無情に執行され、ジョニーは炎をまとったヒーロー・ゴーストライダーに変身することとなった。
 後に、ジョニーの体にはザラソスと呼ばれる悪魔が憑依していることが判明。
 ザラソスはジョニーの体を乗っ取ろうとするが、精神的な格闘の末、ついにジョニーはザラソスを退け人間性を取り戻す。
 ゴーストライダーの呪いから解放されたジョニーは、恋人ロクサーヌと結ばれ、つかの間の平和な生活を送る。(『Ghost Rider vol. 2 #1-81』1972~1983)

grider002.jpg
 だが、ゴーストライダーが再び出現する時が来た。
 ブルックリンに住む平凡な青年ダニエル・ケッチ(ダニー)は、ハロウィーンの夜、姉のバーバラと共にギャングの抗争に巻きこまれる。その時、スクラップ置き場にあったバイクの奇妙な紋章に触れたダニーは、新たなゴーストライダーに変身した。以来ダニーは、罪無き者の血が流れる時、復讐の精霊ゴーストライダーとして悪と戦う運命となる。(『Ghost Rider vol. 3』1990~)


grider003.jpg
 一方、新たなゴーストライダーの出現を知ったジョニー・ブレイズは、ザラソスが新たなホストを得たと思い、ダニーに襲いかかる。しかし、まもなくこのゴーストライダーはかつての自分とは別の物であることを悟り、以降はダニーを助けて共に戦うこととなる。この時期のジョニーの武器は、ヘルファイアを放つショットガンであった。
 その後二人は、ゴーストライダーの謎を知る男・ケアテイカーと出会い、ブレイド、モービウス、ドクター・ストレンジらと共闘した。
 そして、ジョニーとダニーが、実は生き別れの兄弟であったことも明らかになる。ダニーの母ナオミ・ケールは先代のゴーストライダーであり、ダニーの変身も偶然ではなかったのだ。

grider006.jpg
 さらなる謎の探求は続く。ダニーは、自分に憑依しているのが、先祖のノーブル・ケイルであることを知る。ノーブル・ケイルは復讐の呪いにより、天国にも地獄にも安息を見いだせない迷える魂だった。
 メフィストとその息子ブラックハートとの地獄の覇権を巡る争いに巻きこまれる中、ノーブル・ケイルはブラックハートを倒し地獄を治めることになり、ダニーの魂もゴーストライダーの呪縛からようやく解き放たれた。
 しかしダニーの安息は長くは続かなかった。ノーブル・ケイルの魂は人間の体が無くては維持することができず、ダニーは再びゴーストライダーと一つになる道を選ぶのだった。

grider005.jpg
 一方、戦いの中で妻ロクサーヌを失ったジョニー・ブレイズは、しばらくは悪魔狩りのハンターとして活動していたが、復讐を終えると普通の人間としての暮らしに戻っていた。しかし彼の中のザラソスの魂は完全には消えておらず、再びゴーストライダーに変身してしまう。(『Ghost Rider vol. 4』2001)
 やがて地獄に囚われてしまったジョニーは、そこから逃れるために、天使マラキから悪魔狩りの仕事を請け負う。(『Ghost Rider vol. 5』2005)
 ようやく地獄から逃れたジョニーだったが、それはルシファーの計画だった。ジョニーはドクター・ストレンジの助力を受け、ルシファーと戦う。(『Ghost Rider vol. 6』#1 2006~)

grider007.jpg
 そして、ジョニーはゴーストライダーの意外な真実にたどり着く。
 ゴーストライダーは、神が太古に作った復讐の精霊であり、全てのゴーストライダーを管理するのは大天使・ザドキエルだった。ジョニーはザドキエルへの復讐を誓うが、その前に立ちふさがったのは他ならぬダニー・ケッチであった。二人のゴーストライダーが、ついに対決の時を迎える。さらに、その裏には天界の支配をもくろむザドキエルの陰謀があった。(『Ghost Rider vol. 6 #20~35 Ghost Riders: Heaven's On Fire #1~6』2008~2010)

 その後、アレハンドラという女性が一時的にゴーストライダーとなったが、現在はジョニー・ブレイズが再びゴーストライダーとなっている。(『Ghost Rider vol. 7』2011~2012)


 う~ん、全然簡単じゃなかったなw
 ゴーストライダーの歴史というのは、その謎を解き明かす歴史でもあったわけで、次々に付け加えられた設定は複雑で難解を極める(ここらへん、ウルヴァリンの過去と共通するものがある。特に90年代はこういうのが流行ってたのか)。私も完全に把握しているかは自信がないが、まあ間違ってたらゴメンナサイよっと。
(今回の記事は、Ghost Rider Vol. 6 #28の巻末に載っていた「ダニー・ケッチの歴史」と、wikipediaなどを参考にさせていただきました)

 現在ゴーストライダーのコミックは刊行されていないが、いつの日か、またバイクで疾走するフレーミング・スカルが見れることを願ってやまない。
 (*リンクを修正しました)



↓応援は拍手ボタンで!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ゴーストライダーはオカルト系のヴィランや悪魔と戦うのも良いですが、スケアクロウのような人間の異常犯罪者と戦うのも面白いですね。

No title

>サイ吉さん
スケアクロウ、懐かしいですねえ。
キャプテンアメリカと共にスケアクロウと戦った、
『Ghost Rider Captain America Fear』というワンショットがあって
妙に印象に残ってます。
プロフィール

MONDO

Author:MONDO
行ってみたいなジーン・グレイ学園。そんなアメコミ好きのオッサンのブログ。

↓ツイッター始めました
mondocomics2013

コメント欄よりツイッターに話しかけてくださったほうが、レスポンスが良いかと思われます。

FC2カウンター
最新アメコミ関連商品

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
FC2ブログランキング 応援お願いします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング 応援お願いします