スパイダーマン:ブランニュー・デイ 2

sbnd002.jpg
 スパイダーマン:ブランニュー・デイ 2 (ShoPro Books)
 ボブ・ゲイル ゼブ・ウェルズ (著), フィル・ヒメネス クリス・バチャロ (イラスト), 高木 亮 (翻訳)
 小学館集英社プロダクション (2013/1/30)  ¥ 2,100
 
 スパイダーマンの新たなる戦いを描く、人気シリーズ第2弾!!  

 ヒーロー活動を再開したスパイダーマンの前に、相も変わらず次々と災難が降りかかる! 身に覚えのない連続殺人事件の容疑者として警察に追われる一方で、ニューヨーク市民を脅かす新たな怪人フリークが登場! しかも、フリークは倒すたびに、どんどん強くなって復活するのだ。
 さらに、ニューヨークに季節外れの大雪が降り積もり、それとともにマヤ文明の狂戦士が出没する。ウルヴァリンが援護に駆けつけるが、それはむしろ火に油を注ぐ結果になり……?
 悩み多きピーター・パーカーに安息は訪れるのか!?


 ブランニュー・デイ第2巻。
 新ヴィラン・フリークが登場するエピソードと、マヤ文明の狂戦士を巡るエピソードを収録。
 特に後半の季節外れの大雪の話は、個人的なお気に入り。
 というのは、もちろんウルヴァリンがゲスト出演するから、というのが理由の一つ。

sbnd004.jpg
 まあゲスト出演なので、意外とあっさり帰っちゃうんですけどw
 でもドクター・ストレンジの館でのやり取りとか、この2人が会話してるのを見てるだけで楽しい。
 ライターのゼブ・ウェルズは、このコンビが好きなのか、2人がバーに飲みに行く(正確にはウルヴァリンが無理矢理つきあわせる)短編を書いたりしてる。
 ニューアベンジャーズでチームメイトになって以来、一緒にいることが多くなったが、スパイディは軽口を叩きつつ、未だにちょっとウルヴァリンにビビっている。そしてウルヴァリンの方はスパイディをバカにしつつも、内心では彼の善良さに大いに敬意を払っている……まあ、そんな関係です。

 それ以外の理由として、スパイディとホームレスのおじいさんとの、ちょっとしたやりとり。詳しくは書きませんが、スパイディの人の良さが表れてて好きですね。
 そして最後の理由として、アートがクリス・バチャロであること!これ以上言うことは無いでしょう。
 これまた、おすすめの一冊です。


 ところで、既に御存知の通り、『ワン・モア・デイ』でスパイダーマンの世界はリセットしたわけだが、一方で彼は同時期に『ニューアベンジャーズ』誌にも登場している。
 すると、どの時点でワン・モア・デイが起こったか?という疑問が出てくるが、手がかりは「スパイダーマンのコスチューム」である。『シビル・ウォー』終了後、スパイディは短期間ブラックコスチュームをまとっていた。その後、ワン・モア・デイに伴い、おなじみの赤と青のコスチュームに戻っている。
 『ニューアベンジャーズ:レボリューション』ではブラックコスチュームなので、ワン・モア・デイ以前と考えられる(チームメイトの前で気軽に素顔を見せてることからも察せられる)。
 2007年7月から2008年1月まで行われたイベント、『World War Hulk(ワールド・ウォー・ハルク)』でも黒のまま。
spidyblack001.jpg

 このブラックコスチュームは『ニューアベンジャーズ アニュアル』#2(2008年2月)まで着ている。
 ブランニュー・デイ自体は、2008年2月から始まっている。
 つまり何が言いたいかというと、解説に#555の時点でスパイディがスクラルの名前を出したのは、「単なるたとえ話」「そもそもスクラルの陰謀にも気づいていない」と断言しているが、『ニューアベンジャーズ:レボリューション』後の話なら、もうスクラルのことは知ってるのでは……?その前の話でヴェノム爆弾の件に触れてるし(ニューアベンジャーズだと#35、2007年12月の出来事マイティ・アベンジャーズ誌とずれてるけど、これは当時マイティの刊行ペースが遅れていたため)。
 まあ、アニュアル #2でストレンジはニューアベ脱退してるはずなので、どっちにしろ矛盾が出るんですけどね(これは解説にあった通り製作順が逆になったためなのでしょう)。
 以上、気になったのでちょっと考察してみましたが、アメコミのタイムラインについてはあまりうるさいことを言わないのが正解なような気もします。
 きっとあれだよ、ワン・モア・デイのせいで時空の混乱が起こったんだよ!おのれ、メフィスト!

 
 スパイダーマン:ブランニュー・デイ 3
 スパイダーマンを再起動させた“ブランニュー・デイ"シリーズ、最終巻!
 意中の女性メリー・ジェーンが戻ってきた。だが、彼女のハートを射止めたのはスパイダーマンことピーター・パーカーではなかったのだ……。
 2月27日発売 ¥ 1,995



↓応援は拍手ボタンで! 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

ブランニューは購入を見合せてたんですが、バチャロがアート…買うしかないかなこりゃ

こちらのサイトを見てから気づいたんですが、どうも私はスケールの大きい話より街に根ざしたタイプ(クライムファイター寄り?)が好きなようで。スパイディとホームレスの絡みなんて、好物過ぎますw

No title

>タヌキさん
私も、どちらかというとストリートレベルのヒーローのほうが
好みです(ソーとか、例外はありますが)。
スパイディは特に、NYという街に根ざしたヒーローですね。
プロフィール

MONDO

Author:MONDO
行ってみたいなジーン・グレイ学園。そんなアメコミ好きのオッサンのブログ。

↓ツイッター始めました
mondocomics2013

コメント欄よりツイッターに話しかけてくださったほうが、レスポンスが良いかと思われます。

FC2カウンター
最新アメコミ関連商品

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
FC2ブログランキング 応援お願いします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング 応援お願いします