FC2ブログ

ウルヴァリン & The X-MEN(アニメ版) キャラクター紹介

ウルヴァリン & The X-MEN(アニメシリーズ)

<シリーズ概要>
 謎の爆発事件でプロフェッサーXジーン・グレイを失い、X-MENは解散してしまう。
 しかし一年後、人類とミュータントの戦争の危機を前に、ウルヴァリンはX-MENの再結成を決意する。

<キャラクター>
waxmanimewol001.jpg
ウルヴァリン(ローガン)
 本作の主人公。アダマンチウムの爪と不死身の回復能力の持ち主。
 プロフェッサーXからX-MENの新たなリーダーに指名され、馴れない役目に戸惑いながらも、教授の助言を受けながら奮闘する。
 ハルクシルバーサムライとの対決、ウェポンX絡みの過去話など、単独で活躍するエピソードも多い。
 このシリーズでは、ジーンへのこだわりは希薄で、代わりに教授やローグとの絆が強調されている。

waxmanimex001.jpg
プロフェッサーX
 爆発事件の後、昏睡状態で発見される。20年後の未来で目覚めるが、そこはセンチネルに支配された暗黒の世界だった。
 教授はテレパシーで現代のウルヴァリンたちにコンタクトを取り、歴史の改変を試みる。その一方、未来世界でも、生き残ったX-MENと共にセンチネルへの抵抗を続けるのだった。
 なお、未来では、外骨格の助けで歩行することができる。

waxmanimerogue001.jpg
ローグ
 相手の記憶や能力を吸収できるミュータント。
 ウルヴァリンを慕っていたが、(爆発事件の直前)X-MENを去ろうとした彼に対し、「自分のことも捨てた」という、わだかまりを抱いている。そのため、X-MENと敵対するブラザーフッドの誘いに乗ってしまう。
 本作では、(ミス・マーベルは登場しないので)飛行能力や怪力は無い。

waxmanimecyclops001.jpg
サイクロップス
 ジーンを失ったショックで荒みきった生活を送っており、ウルヴァリンのX-MEN再結成の呼びかけも拒絶する。
 X-MEN復帰後も、ジーンのことをあきらめきれず、彼女の姿を求めて暴走する。
 生い立ちが描かれるエピソードあり。

waxmanimeemma001.jpg
エマ・フロスト
 教授を探し出すことを交換条件に、強引にX-MENに加入してくる謎の美女。
 能力は、テレパシーとダイヤモンドフォーム。
 サイクロップスの心を傷を癒そうとするうちに、彼を愛するようになるが……
waxmanimebeast001.jpg
ビースト
 チームの頭脳担当。爆発事件の真相を探ろうとする。ウルヴァリンが最初に声をかけたX-MEN。

waxmanimestorm001.jpg
ストーム
 X-MEN解散後は、故郷アフリカで女神として崇められていた。しかし因縁の敵、シャドウキングとの戦いを機に、チームに復帰。
 本作では、エンジェルと親しい関係にある。

waxmanimeiceman001.jpg
アイスマン
 解散後は両親とともに暮らしていたが、反対を押し切ってチームに復帰。
 キティに恋心を抱いておりアプローチをかけるが、なかなか上手くいかない。
 若手みたいな顔をしてるので映画の設定に準拠してるかと思いきや、しっかりファーストファイブの一員だったりする。
 
waxmanimekitty001.jpg
シャドウキャット(キティ)
 チームの再年少メンバーで、物体をすりぬけるフェイズ能力を持つ。明るい性格のティーンエイジャー。
 若さを理由に危険な任務から外され、拗ねることも。

waxmanimeforge001.jpg
フォージ
 チームのメカニック。ウルヴァリンがブラックバードを手荒く扱うので、やきもきしている。
 コミックとは異なり、ノリの軽い新人メンバー。

waxmanimeangel001.jpg
エンジェル
 資産家の息子で、資金面からX-MENを支援する。ミュータントを嫌っている父親との、確執を抱えている。
 シリーズ後半、大きな悲劇に見舞われる。

waxmanimenc001.jpg
ナイトクローラー
 テレポート能力を持つミュータントで、愛称は「エルフ」、根っからの善人。
 避難民を守り、共にジェノーシャに渡るが、そこでマグニートの娘、スカーレットウィッチ(ワンダ)と心を通わせる。
 シリーズ前半はレギュラーメンバーではないが、主役話が三話もあり恵まれている?

waxmanimemag001.jpg
マグニート
 ミュータントの磁界王。ジェノーシャにミュータントの楽園を築いたと喧伝している。
 娘であるワンダやポラリスを可愛がる一方で、息子のクイックシルバーに命じてブラザーフットにテロ活動を行わせている。その真の目的は?

waxmanimebf001.jpg
ブラザーフッド
 ミュータントのテログループ。マグニートの息子・クイックシルバーをリーダーに、ドミノ、ブロブ、アバランチ、トード、そしてローグがメンバー。X-MENとは敵対関係にあるが、共通の敵MRDと戦うために手を組むこともある。

waxmanimefuture001.jpg
フューチャー・X-MEN
 プロフェッサーXが未来世界で出会うミュータントたち。ビショップ、ドミノ、マロウ、ヘリオン、そして旧型センチネルのローバー。荒廃した世界で、センチネル軍団への抵抗を続けている。
 ビショップはウルヴァリンに直接X-MENとしての訓練を受けており、教授のことも聞かされていた。しかしそのウルヴァリンも行方不明。他のX-MENのほとんどは死亡したとされている。

MRD(ミュータント・レスポンス・ディビジョン)
 政府のミュータント対応組織。各地で捕獲したミュータントを収容所に送っている。司令官のモスは、ウルヴァリンに恨みを抱いている。

ケリー上院議員
 反ミュータント主義の先鋒の政治家。ワージントン(エンジェルの父親)やボリバー・トラスクと協力し、ミュータント登録法や、センチネル計画を進める。根っからの悪人というわけではないが、X-MENにとってはやっかいな人物。


 以上、主要キャラクターの紹介でした。
<追記>ブラザーフッドと、フューチャーX-MENなどを追加しました(1月10日)。
 この他にも多くのミュータントが登場する。中には「おおっ!」と声をあげたくなるマニアックなキャラもいるが、それは見てのお楽しみ。
 次回は各エピソードの紹介です。

↓応援は拍手ボタンで!
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

面白そうなんですが…

なんか面白そうですね。にしてもスコットはスットコに逆戻りをしてますけどウルヴァリンが主役なので仕方ないのかもしれません(最近の展開を考えると二人が並び立つのは難しいのかもしれません。)

そして20年後にまた悲劇の未来ですけど何故ミュータントには明るい未来がないんでしょうかビショップの未来もいつの間にか悲劇的になってますし、編集部はミュータントを幸せにする気がないのでは?疑いたくなります。

No title

>星羅さん
シリーズ序盤の印象を基に紹介文を書いてますが、
サイクはシリーズ後半、けっこうスポットが当たるので
実は扱いは悪くないんですよ。
むしろサイクファンにこそ、見てほしいです。

ミュータントの状況が厳しいのは、マイノリティの悲劇という
X-MENのテーマの根幹に関わるので仕方ないかと。

No title

あけましておめでとうございます!
ことしも記事、楽しみにみさせていただきます!

すっと・・・じゃないスコットさんなんか老けてる感じが・・・
このシリーズはダークフェニックスサーガのあとですかね?

No title

>ACEさん
おめでとうございます。

>このシリーズはダークフェニックスサーガのあとですかね?
違います……これ以上は、ネタバレになるので言えません!

No title

続編の制作がキャンセルされたのが残念ですね
まぁ、○○○版サイクの動く姿がちらとでも見られたのは良かったですが

No title

>Buzzさん
シーズン2は製作開始してたのに、大人の事情で中止になったそうで。
私は今頃知って、悔しがってます。見たかったなあ……
プロフィール

MONDO

Author:MONDO
行ってみたいなジーン・グレイ学園。そんなアメコミ好きのオッサンのブログ。

↓ツイッター始めました
mondocomics2013

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

FC2カウンター
最近の記事
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブログランキング 応援お願いします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング 応援お願いします