FC2ブログ

ソー:ゴッド・オブ・サンダー #1 プレビュー&レビュー

thorgot001cov.jpg
Thor: God of Thunder #1
Story by:Jason Aaron
Art by:Esad Ribic
November 14th, 2012/Marvel Comics/$3.99

過去・現在・未来……ソーが対峙する「神を虐殺する者」とは!?
マーベル NOW! レビュー記事一覧
(*2012年11月14日に発売された最新コミックです。ネタバレにご注意ください)

thorgot001001.jpg

<↓日本語版プレビュー!>
thorgot001002.jpg thorgot001003.jpg
thorgot001004.jpg thorgot001005.jpg


 <ストーリー>

 これは、過去、現在、そして未来における雷神ソーの戦いの物語である……

thorgot001007.jpg
 過去。
 フロスト・ジャイアント(霜の巨人)に襲われたヴァイキングの村を救った、アスガルドの若き王子・ソーは村人から歓待を受けていた。
 そこに、水辺に死体が上がったという知らせが入る。見慣れぬ様相のそれは、人間ではなく神の死体だった。
 神を虐殺したのは、一体何者なのか?

thorgot001008.jpg
 現在。
 惑星インディガーは滅びようとしていた。その時、一人の少女の祈りに応え、アスガルドの雷神・地球のヒーロー、ソーが降臨した。ムジョルニアを振るい、雨を降らせ枯れた大地を癒す。
 しかし、ソーの胸に疑問がよぎる。「この世界の神々は、どこに行ったのか?」
 天空の宮殿を訪れたソーは、そこで虐殺された神々の死体を目にする。ソーの脳裏に、若き日に出会った、その者の名がよみがえる。
 ゴル・ザ・ゴッドブッチャー(神を虐殺する者)。
 そして、ゴルの放った巨大な猟犬が、ソーに襲いかかる……

thorgot001009.jpg
 未来。
 果てしない時が流れた。荒れ果てたアスガルドの宮殿の玉座には、ただ一人、ソーが座っていた。彼は年老い、片目と片腕を失い、疲れはてていた。しかし、彼の声に応える者は、もう誰もいない。
 ソー……アスガルドの最後の王。
 押しよせるゴルの軍勢。ただ一人、神の誇りを胸に、ソーの最期の戦いが始まろうとしていた……


 <感想>
 三つの時代におけるソーの戦いを、同時に描き出すという野心作。
 ジェイソン・アーロン(『Wolverine & the X-Men』)の新作ということで期待はしていたが、予想以上の出来だった。
 どの年代のソーも、魅力的に描かれている。それぞれのソーのモノローグで進行するところも上手い。
 エサド・リビック(『Loki』)の美しいアートは、芸術品の域。
 このクオリティを維持するなら、歴史に残る傑作になる予感がする。少なくとも一話に関しては、文句を言うところが無い。これはもはや神話だ。ダークファンタジー好きにもお勧め。


 さて、若き日のソーの姿も、今回のシリーズの見所ですが……

thorgot001010.jpg
 酒を飲み、肉を喰らい、女を抱く。まだまだ血気にはやる若者。
 資格が無いので、ムジョルニアも持ち上げられません。なので、アックスを所持。
 このバカっぽいところが、すごく良い!(褒めている)

 そこへいくと、現在のソーは立派なヒーローであり、アベンジャーズの一員ですから違います。
 インディガーの民が「お礼に宴を催します」と言っても、「いや、他に助けを必要としている人々がいるので」と固辞して帰ろうとする。さすが~、と思ったら……

thorgot001011.jpg
「……今、エールって言ったかい?」

 と、お酒の誘惑に負けて、結局、歓待を受けることに。
 人間、性根はあんま変わらないってことですかね~(神様だけど)。

<評価>10.0



↓応援は拍手ボタンで!
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして、って10.0点だと!

管理人様はじめまして、いつもアメコミの情報ありがとうございます

管理人様のお陰でマーベルナウの情報が分かりやすくて購入の手助けになりました
このライターやペンシラーのこととかは全く知りませんでしたが、買ってよかったなと自分も思いました

若いソーの豪快なところにクスッときましたし、お爺様ソーも敵にダイナミックに突っ込むシーンが個人的にかっこよかったですし、
第一にソーが神様している!というところが一番分かりやすくてそちらもよかったです。
管理人様のペンシラーさんに対して芸術というのも正しいかもしれません
二話がアメリカで出ているから私も早く読みたい限りです。では

No title

AvXの時も思ったんですけど、ソーはこういうヒロイックなシチュエーションが似合うキャラですよねえ
義のために強大な敵に立ち向かう、という情景がこれほど似合うヒーローはいないと思います

No title

>Nn-さん
はじめまして、コメントありがとうございます。
私もマーベルNOW!に少しでも貢献しようと情報をお伝えしてるんですが、
参考になっていれば幸いです。

>ソーが神様している!
祈れば来てくれるっていうのが良いですよね。

No title

>薬膳ランチさん
AvXで見せた、ソーの不屈の闘志には私も感動させられました。
今回の敵のゴルも、まだ全容は見せていませんが手強そうです。

最近のソーのイケメンぶりたるや凄まじいですね…… キャップに勝るとも劣らない義勇ですよ

そういえばスタン・リー氏がもうすぐ90歳なんですね。早いなぁ…

No title

>おかきさん
キャップとソーは全く異なる個性のキャラクターですが、
戦士として、共通する物があるのが面白いですよね。

No title

材料があれのエールに釣られちゃうんだ!?ってびっくりしましたw
#2も読みましたが相変わらずアートが美しくも不気味だし滅茶苦茶先が気になる展開だったしで#3以降にもかなり期待しちゃってます。

雷神様素敵すぐる…(*´∀`)

現代のソーも、勇者ってカンジでイイ神様っぷりだけど、年老いたソーも、これはこれで…!
ガキの頃はキャップが好きだったし今もそうだけど、大人になった今こうして新たなソーが描かれているのを見ると、改めてその魅力に惹かれてしまう今日この頃ですなぁ(*´ω`*)

No title

>nanaさん
>材料があれのエール
さすがにソーは、いろんな世界を渡り歩いてるから動じないですねw
エールという言葉に反応して、よく聞いてなかったんじゃないかという気もしますが。

>#3以降にもかなり期待しちゃってます。
同感です!

No title

>凡太さん
私もアベンジャーズの中ではキャップが好きなんですが
(あ、ウルヴァリンは別ですよ)、ソーにも最近はまってます。
プロフィール

MONDO

Author:MONDO
行ってみたいなジーン・グレイ学園。そんなアメコミ好きのオッサンのブログ。

↓ツイッター始めました
mondocomics2013

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

FC2カウンター
最近の記事
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブログランキング 応援お願いします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング 応援お願いします