FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュー アベンジャーズ #28 レビュー(前編)

newave028cov.jpg
New Avengers #28
Story by:Brian Michael Bendis Art by:Mike Deodato
Wed, July 11th, 2012/Marvel Comics

 『AvX』タイイン!アベンジャーズ VS X-MEN 記事リスト

<ストーリー>
 フェニックスの力を手に入れたX-MENを相手に戦いを挑んだアベンジャーズだが、その強大な力の前に、メンバーは次々と捕らわれの身になっていった……

 ユートピアの最下層にある、X-ブリッグ(刑務所)。
 捕らわれ、牢獄で裁きを待っている、スパイダーウーマン(ジェシカ・ドリュー)の姿があった。
newave028002.jpg
 ステップフォード・カッコーズの一人、フォービーが食事を運んでくる。だが、ジェシカは手をつけようとしない。
「食べないの?」
「私たちのパワーを鈍らす、薬を混ぜているんでしょう」顔も上げずに、ジェシカが言った。
「いいえ、それは私がやっているわ。私が、あなたの心がパワーにアクセスするのを防いでいるのよ(注:フォービーはテレパス)」
「あなたが小さかったころ、フォービー、これがあなたの夢見たことなのかしら?」
 ジェシカの言葉に、罪悪感に苛まれたフォビーはうつむいて牢を離れた……

 一方、同じく囚われの身のルーク・ケイジは、食事を運んできたウォーパスに掴みかかろうとしたが、鉄格子に阻まれる。食事が床にぶちまけられた。腹を立てて、行こうとするウォーパス。
newave028003.jpg
「待てよ、ウォーパス。電話を貸してくれねえか?」
 だがウォーパスは無視して言ってしまう。うなだれて、ルークはつぶやいた。
「娘に、俺が愛しているって伝えてくれないか?」
 ルークは、妻と幼い娘を残したまま、この戦いに参加していたのだ(ニューアベンジャーズ #24)。

 そして、エマ・フロストに黒焦げにされ死にかけたホークアイアベンジャーズ VS X-MEN #7)も、回復した後、ここに収監されていた。マグマが食事を持ってくる。
「スプーンもないのかよ?」
「指を使うのね」
 あらゆる物を武器に変えるホークアイの戦闘技能を警戒し、フォークやスプーンは与えられない。
 ホークアイが騒ぎ出す。ポテトの中にガラスが入っていて、指を切ったと言うのだ。そんなはずは……と思いながら、覗き穴から様子を見ようとするマグマ。とたんに、食器がわずかな隙間を通って投げつけられ、マグマの顔面を襲った。彼女の腕を掴み、引きずりこもうとするホークアイ。
「扉を開けな、マグマ」
「助けて!こいつ、私の腕を折ろうとしてる!」
 悲鳴を上げるマグマ。駆けつけたウォーパスたちにより、ようやく引き離された。腹を立てたマグマが叫んだ。
newave028011.jpg
「あんたなんか飢えればいいのよ、この、✕✕✕な人間め!」
 だが牢内では、マグマの腕輪を抜き取ったホークアイが、にやりと笑っていた。

 体を拭きたい、というジェシカに同情したフォービーは、水とタオルを持ってくる。礼を言い、コスチュームを脱ぎ、身を清めるジェシカ。
newave028004.jpg
「外の世界はどうなってるの?」
ソーが捕まったそうよ、噂では」ジェシカの問いに、フォービーが答える。
「ソーが……それは私たち人間には、大ごとね。フェニックスファイブがソーを倒せるなら、残りの私たちに、何の希望がある?」
「今にわかるわ。スコット・サマーズは、私たち全てに未来像(ヴィジョン)を持っている。私たち全員に」笑みを浮かべて、フォービーは答えた。
「あなたがそう考えてるのは知ってる。彼自身もそう思ってるでしょう。でも、あなたたち全員が手に入れられるのは……」
「全ての世界が解放される。世界はそうあるべき姿になるのよ。全世界が、ユートピアと同じように美しくなるの」
「あなたたちが、こっちに入らなければね」
「今にわかる。戦いが終われば、わかるわ」
 
 ジェシカはもう一つ、頼みを口にする。紙とペンを貸してほしいというのだ。
「私はただ……遺言を書きたいの、ママに。エマ・フロストは私を死刑にすると言ったわ……私は負けた、その代償よ。それはわかってる。ただ私は、ママに愛してるって言いたいの。わかるでしょ、身辺を整理しておきたいのよ」

 情に負けたフォービーは、言うとおりにする。しかし、紙とペンを差し出した手を、ジェシカが掴んで締めあげた。驚くフォービー。
newave028005.jpg
「大きな声を出したら殺すわ。扉を開けなさい、さもないと殺す」首筋にペンをつきつけ、ジェシカが恫喝する。
「でも……でも……私、あなたに良くしてあげたのに!」
「良くしてあげた?私は牢にいるのよ、この✕✕✕!」
 フォービーは仕方なく、鍵を開けた。ようやく牢から出たジェシカ。
「ありがとう、ごめんなさい。あなたは良くしてくれたわ」
「どこまで逃げられると思ってるの?」
「あなたが、私のパワーをブロックしてたら無理ね」
 そう言うやいなや、ジェシカはフォービーを殴って昏倒させる。次の瞬間、ジェシカにパワーが戻った。

 またまた長くなったので、二回に分けます(汗)。次回後編、果たしてアベンジャーズのプリズンブレイクは成功するか!?

↓応援は拍手ボタンで!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MONDO

Author:MONDO
行ってみたいなジーン・グレイ学園。そんなアメコミ好きのオッサンのブログ。

↓ツイッター始めました
mondocomics2013

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

FC2カウンター
最近の記事
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブログランキング 応援お願いします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング 応援お願いします
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。