FC2ブログ

ウルヴァリン & The X-MEN #12 プレビュー&レビュー(後編)

 ウルヴァリン & The X-MEN #12 プレビュー&レビュー(前編)

 ホープを奪取せんとするX-MENと、アベンジャーズが再び激突する!
waxm0012005.jpg
 キャプテンアメリカ VS レイチェルウォーマシーン VS エンジェル。そこかしこで、激しい戦いが繰り広げられる。
 
 そして、アイスマンビースト……旧友同士の戦いも起こっていた。
「ヘンリー……君は僕の、一番古い友達の一人だ。君と戦うつもりはない、話しあおう。君と僕とで、この狂気を止める道を見つけるんだ」
 しかしビーストは耳を貸さず、熱線銃でアイスマンの氷の顔を吹き飛ばした。苦痛の声を上げるアイスマン。
「じきに、君が愚かにも従っているのが、一つ目の狂人だということに、気がつく朝がやってくるさ。その日が来たら、君の顔面に穴を開けたことを謝ろう」
 だが不死身のアイスマンは、分身を生み出し反撃に転じる……
 ソーは、フェニックスの力でパワーアップしたネイモアと戦っていた。
「降伏しろ、神族よ!さもなければ、フェニックスの炎に焼かれるぞ!」
「オーディンの息子は誰にも降伏などしない!特に、そんな格好をした奴にはな!」
(*ネイモアはフェニックスファイブになって以来、半裸同然の格好をしています)

 キャップは、クイックシルバーにホープを連れて逃げるように指示を出す。
 しかし、クイックシルバーのスピードに追いつき、ビームを浴びせる者がいた。キッド・グラディエイターだ。ジーン・グレイ学園の問題児が、X-MENとアベンジャーズの戦いに、面白半分に首を突っ込んでいたのだ。キッド・Gは調子に乗って豪語する。
「俺の時間を割くに値する、アベンジャーズはいないのか?」
 しかし、キッド・Gの前に立ちふさがる男がいた……他ならぬ、ウルヴァリン(ローガン)校長だった!

 キッド・Gの拳を、無抵抗で受け続けるローガン。
「やれよ!爪を出せ!俺の命令だ!爪を出さなきゃ、ちっとも面白くないぞ!」
 わめきたてるキッド・Gに、ローガンは言った。
「そこが問題さ、坊主。楽しむもんじゃないのさ。お前の親父も、そうは教えなかったろ。俺か?俺は、この宇宙のほとんどあらゆる生き物の、殺し方を学んできた。お前のような、ストロンティアンズも含めてな。お前の力はわかってる。急所もだ。たとえば、ここんとこさ」
 ローガンの手が、キッド・Gの体に伸びる。とたんに暴れ者の王子は、声を失い、昏倒した……
waxm0012009.jpg
 ニヤリと笑って、ローガンは言った。
「まぁ、俺が言いたいのは……お前はまだ学校にいろってことだよ」

 キャプテンアメリカを追い詰めるレイチェル。しかしそこに雷撃が襲う。ソーだ。レイチェルは、能力のすべてを持って、雷神に挑む。
waxm0012018.jpg
「私の心に侵入しようとしてるのを感じるぞ。それは汝を殺すか、気を狂わせることだと知れ。神の心は、人間の立ち入れる場所ではない」
「忘れたの、私は何年もフェニックスだったのよ。誰よりも神に近い。神であろうと、私を怖れさせることはできないわ」
 レイチェルは、テレキネシスで作ったハンマーで、ソーに一撃を加えた。すかさず、ネイモアが追い打ちをかけ、叩きのめす。
 だが、その光景を見るレイチェルの心は暗かった。
「戦いが白熱するにつれ、私は自分に言おうとしている。これは私のせいじゃない。この戦いを始めたのは、私じゃない。それでも、私の中の罪悪感を消すことはできない」
 その時、ハウンドの本能がレイチェルに教えた。真の標的の居場所を……

 ブラックウィドウが、秘かにホープを連れて逃げようとしていた。しかしホープは、異議を唱える。
「いや、私は行かないわ。もう走るのにも逃げるのにも、疲れたの。これは私の戦いなのよ」
「その通り」
 その声が聞こえたと同時に、不意の一撃でウィドウは倒されていた。
「これは、あなたの戦いよ」
 ホープの目の前には、レイチェルが立っていた。

waxm0012010.jpg
 ホープが、レイチェルのパワーをコピーして戦闘態勢に入る。レイチェルは心のなかでつぶやく。
「彼女の心を、私の中に感じる。彼女の怖れを。彼女の炎を」
 フェニックスに運命を翻弄されてきた、二人の女の炎が、触れ合う……

「彼女を逃したわ」
 ユートピア。レイチェルがサイクロップスに、戦いの結果を報告していた。
「クイックシルバーとジャイアントマンは、なんとか捕まえた。でも他の連中は逃げたわ。ごめんなさい。捜索を続ける」
「ホープはいたのか?彼女を見たか?」サイクロップスが追求する。
「いいえ、彼女はまったく見当たらなかったわ」

 無論、それは嘘だった。あの時、レイチェルはホープをあえて見逃したのだ。
「行きなさい。行って、フェニックスを見つけなさい。もしそれが、あなたの求めることなら。
あなたの運命を見つけなさい」 
 立ち去るホープに背を向けて、瞳を閉じ、レイチェルは独りつぶやいた。
「私が、けっして見つけられなかったものを」

「君が見たものを話すんだ、レイチェル」
 サイクロップスはレイチェルの嘘に気づき、詰め寄る。しかし、その時、ユートピアに攻撃をかけてきた者がいた。
 シーアーの軍勢を引き連れた、皇帝グラディエイターだ!
「X-MEN!お前たちの時間は終わりだ!フェニックスは、今日、死ぬのだ!」


<感想>
 レイチェル主役の一編。
 今更説明は必要かな?レイチェル・サマーズは、俗に『Days of Future Past』と言われる、別の時間軸の未来からやってきた、サイクロップスとジーン・グレイの娘。その未来はセンチネルが支配する世界で、彼女は洗脳され、ハウンドというミュータントを狩る猟犬に堕ちていた。
 「父親」のサイクロップスとは、彼女がこちらの時間軸に来た時が、ちょうどジーンが死亡していてサイクがマデリーン・プレイヤーと結婚していた時期だったりしたので、ちょっと微妙な関係。その後サイクとジーンが復縁していた時期は関係も良好だったが、ジーンの(二度目の)死の後、サイクがエマと恋人になったことに反発して、レイチェル・グレイと名乗ったりもしていた。そら、娘としては複雑でしょうな。それもこれも、愛情の裏返しかもしれんが。
 ジーンの血筋を受け継いでいるためか、フェニックスのパワーを所持していたが、最近になって、彼女の中の「断片」はフェニックス本体に帰ったと説明されている。しかし今回でも証明されたように、元々が強力なサイキックで、フェニックス抜きでもけっこう強い(それにしてもソーまで……まあ彼は油断して苦戦するのがデフォの人だが)。そういう経緯なんで、ホープに関しては、非常に複雑な思いがあるわけです。
 ちなみに『Days of…』は映画化の話もあるので、近い将来、レイチェルもスクリーンに登場するかもしれない。

 思いのほか、レイチェルの話が長くなったが、その他の見所。
 ローガン VS キッド・Gは、校長先生の貫禄勝ちというところでしょうか。
 それとローガンさん、「アベンジャーズ アッセンブル」って言ったの、もしかして初めて?

<評価>9.0

 通販:WOLVERINE AND X-MEN #12
↓応援は拍手ボタンで!
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

キッド・グラディエーターは、おバカな性格なので、アンキャニイXーFORCEでもウルヴァリンの旧敵達に負けてましたね。

No title

>ウルヴァリン
そんなにアベンジャーズが好きなら、エックスメンやめればいいのに。

No title

>サイ吉さん
☓☓☓にあっさりやられるとは、思いませんでしたねw
キッド・グラディエイターはおバカなとこが愛らしいのですが、
この次の回に大変なことになるので、ちょっと成長しそうな
空気です。

>Muguさん
ローガンさんもかれこれ6,7年アベンジャーズに在籍してますからね。
(コミック内の時間では、2年ぐらい?)
でもキャップに歯向かったように、結局彼は常に我が道を行ってるだけだと
思いますよ。

No title

これで、http://mondocomics.blog80.fc2.com/blog-entry-142.html#moreで語られていた
「キューバークがアベンジャーズの敵となる可能性は46.8%」は当たった事になるのかな?

No title

>烏亀さん
そうですね、まさかこんなに早く実現するとは思いませんでしたが……
ちなみにデスロックさんは最近、学園に居着いてしまったようです。
プロフィール

MONDO

Author:MONDO
行ってみたいなジーン・グレイ学園。そんなアメコミ好きのオッサンのブログ。

↓ツイッター始めました
mondocomics2013

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

FC2カウンター
最近の記事
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブログランキング 応援お願いします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング 応援お願いします