ニュー アベンジャーズ #27 レビュー(後編)

 不死の都クン・ルン玉帝の要請により、ホープに教えを授けることになったスパイダーマンだが……(ニュー アベンジャーズ #27 レビュー前編

newave027008.jpg
 玉帝とアイアンフィストが去り、二人きりで残されるスパイディとホープ。
「なんなの、あんたたち!?」理解できない展開に、ホープはすっかりご機嫌ななめだ。
「あんたみたいな格好はしないからね、言っておくけど!」
「わかったよ、すでに8人ぐらい、スパイダーレディーズがいるしね」
 戸惑っているのは、スパイディの方も同じだ。一体何を教えればいいやら……
「それじゃ……ああ、マグニートって何が好きなの?」
 ホープはその言葉を聞いて、ついに怒り出す。


「じゃあ、あんたには、何も無いってわけね」
「ちょっと待ってよ、始めたばかりじゃない」
「いいわ、勝手にやってて。私は自分が何をするべきか、探しださなきゃならないの。どうしてこんな誰もカンフーを教えない、カンフーシティにいるのか、巨大な火の鳥の宇宙のパワーが、私の頭の上に落ちてきた時に、どうすべきかを……今この時も、世界が爆発しようとしていて、みんなが私を責めようとしてるのがわかってるからよそして私は、こんなことは何一つ望んでいなかった。ほんの少しだって」
 スパイディに食ってかかるホープの表情には、運命に翻弄されてきた少女の苦悩がにじみ出ていた。それを見たスパイディは何かを理解した。
「ああ、なるほど……」

 そして彼は、人差し指を上げ、宣誓するようにその言葉を口にした。
「大いなる力には、大いなる責任が伴う」
newave027009.jpg
「なに!?」
「大いなる力には、大いなる責任が伴う、さ」
「それがどうしたって言うのよ!?」
「僕のおじさんが、かつて僕に言ったことだ」
「あなたのおじさん」
「僕を育ててくれた人さ」
 そしてスパイディは、話し始めた……

「それは、僕がクモに噛まれてパワーを得る前、みんながニューヨークで起こるすべての災難に関して僕を責め始める前のことだった。おじさんがその言葉を言った時、僕には何のことを話してるのかわからなかった。
 どこかの銃を持った愚か者が、おじさんを撃ち殺すまで。
 その愚か者は、たぶん、いや絶対に、僕が自分のことだけにかまけるのをやめて、おじさんの言葉に耳を貸していれば、止められたんだ。
 大いなる力には、大いなる責任が伴う。その日以来、僕はその言葉が意味することに近づけるような人生を送ろうと、努めてきた。その言葉は全てを意味する」

newave027010.jpg
「それから、こうも言える……毎日を、何かもっと深い、もっとキチンとしたことを考えようと生きることもできるだろう。
 でも僕らには、ある日突然クレイジーな世界にいる自分を見つけて、どうすればいいかわからない、そんな僕らのような人間は……
 ただ、大いなる力には、大いなる責任が伴う、ということを憶えておけばいい。それが、完璧に、君の行く道を決めてくれる」

 いつの間にか、ホープはスパイディの言葉に聞き入っていた。感銘を受けていたのだ。
 背中を向けて立ち去ろうとするスパイディに、彼女は追いすがる。
「ねぇ、ちょっと待ってよ。おじさんは他に何て言ったの?私、新しいコスチュームを着るべきかな?あなたのは、どこで手に入れたの?」

 こうして、奇妙な師弟が誕生した……

<感想>
「ベンおじさんの言葉は、どんな人間の心も打つ」、というお話でした。

 スパイディが先生役として呼ばれる展開は予想外で、最初に読んだ時は吹き出したw でもなんか、最後には納得。
 ホープは基本的には良い子だし、ケーブルは良い父親だったとは思うが、十代の彼女にはまだまだ学ぶことも多い。今回スパイディが教えたのは、「ヒーローの心得」だったような気がするが、確かに彼女にはそういう部分は欠けてたかも。

 この『ニューアベンジャーズ』誌で展開されていた、フェニックスと過去のアイアンフィスト・フォンジーの秘話だったが、結局、AvX本編にどういう影響を与えるのだろうか?
 フェニックス、スカーレットウィッチのヘックスパワーホープ、そしてアイアンフィスト
 AvXの最新話(#9)では、トニー・スタークがこの謎を解こうと悪戦苦闘してる様子が描かれているが、果たして?

<追記>書き忘れてたけど、この話が発表されたのはAvXメインシリーズ#6と同じ週なのだが、アベンジャーズがクン・ルンにたどり着いたのはメインシリーズ#8なので、アイアンフィストとホープの会話以降のシーンは、その後の出来事と思われます。

<評価>9.0

↓応援は拍手ボタンで!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

スパイダーマンは、この世界のあらゆる赤毛の娘に弱いですね。逆に言うと赤毛女は気が強すぎる。

No title

昔、ウルヴァリンと「赤毛の女は最高だな!」って意気投合してましたがw
フォンジーの件を見ると、フェニックスも赤毛好きなんでしょうか?

No title

ケーブル達からは戦士の心得と生き延びる術は学べるけど、
当たり前の人間としての心意気は学べなかった、という事でしょうか。
近年の殺伐X-MENではそれもやむなし……

ほぼX系しか読んでないので、なぜアイアンフィストが?とか
思ってしまってましたが、ライターさん、ほんと上手い話作り…

そしてコロリとスパイディファンになってるホープちゃんが可愛い。
ちょっと前にこんがり焼き上げそうになってた関係とは思えない…w

No title

>ちょっと前にこんがり焼き上げそうになってた
そんなこともありましたね……
スパイディはすぐ回復してましたから、火傷ぐらいだったんでしょうけど
ウルヴァリンは完全に丸焼きでしたが
プロフィール

MONDO

Author:MONDO
行ってみたいなジーン・グレイ学園。そんなアメコミ好きのオッサンのブログ。

↓ツイッター始めました
mondocomics2013

コメント欄よりツイッターに話しかけてくださったほうが、レスポンスが良いかと思われます。

FC2カウンター
最新アメコミ関連商品

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサードリンク
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
FC2ブログランキング 応援お願いします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング 応援お願いします