FC2ブログ

シークレット アベンジャーズ #28 レビュー

save028cov.jpg
Secret Avengers #28
Story by:Rick Remender Art by:Renato Guedes
Wed, June 20th, 2012/Marvel Comics

『AvX』タイイン!アベンジャーズ VS X-MEN 記事リスト

<ストーリー>
 フェニックスとの戦いに傷ついたアベンジャーズは、やむをえずクリーの母星ハーラに着陸する。しかしそんな彼らの前に現れたのは、死んだはずのかつての仲間キャプテン・マーベルだった。彼とミス・マーベル、プロテクターは何者かの支配下に置かれ、アベンジャーズを攻撃し捕虜にする。
 しかも、フェニックスがハーラに向かって接近しつつあった……
 シークレット アベンジャーズ #26 レビュー
 シークレット アベンジャーズ #27 レビュー

save028002.jpg
 ヴィジョンにより、正気に戻ったキャプテン・マーベルたち。彼らは自分たちを操っていた首謀者、ミニスター・マーベルのもとに向かう。
 ミニスター・マーベルは、実はキャプテン・マーベルの血族だった。地球のためにクリーを裏切ったキャプテン・マーベルのせいで貶められた、一族の名誉を回復するために、一連の事件を起こしたのだ。彼はフェニックスのエネルギーを利用しキャプテン・マーベルを生き返らせ、それによって、フェニックスをハーラに引き寄せた。フェニックスの力が、種族に新たな進化をもたらす……スコット・サマーズ(サイクロップス)と同じ妄念に取り憑かれていたのだ。
 ミニスター・マーベルは、アベンジャーズの前で息子を殺し、自らも自害した。

 愕然とするアベンジャーズだったが、今はハーラに近づいてくるフェニックスを一刻も早く止めなければならない。クリーの宇宙戦艦が攻撃するが、フェニックスの前に一蹴される。
 ミス・マーベルは、ハーラを救うため危険な賭けに出る。ホワイトホールからエネルギーを吸収し、かつてバイナリーと呼ばれた強化フォームに変身する。
save028003.jpg
 ミス・マーベルは、フェニックスの力を吸収し、ソームジョルニアで作った次元ポータルにそれを送り、フェニックスを弱体化させる作戦に出る。しかしフェニックスの巨大なパワーの前に、失敗に終わった。

 次に立ち向かったのは、キャプテン・ブリテンだった。彼は最初の作戦の失敗で挫けかけていた、自らの心を奮い立たせる。
save028004.jpg
「キャプテン・ブリテン、全てのオムニバース(多次元世界)の守護者だ!」

 その決死の戦いを見ながら、キャプテン・マーベルはつぶやいた。
「フェニックスは、目的の物を手に入れるまでは止まらない。それは私の中にある、奴のエネルギーだ」
 その意味を察したミス・マーベルは、彼を押しとどめる。
「ダメよ!あれは……奇跡だったのよ。やっとあなたが帰ってきたのに、もう一度あなたを失うなんて!私はもう、あなたの代わりなんてやらないんだから」
 ミス・マーベルの懇願に、キャプテン・マーベルは優しく言った。
「君は誰の代わりでもないよ、キャロル」
 
 キャプテン・マーベルは、上空のフェニックスに向かっていった。力尽きようとしていたブリテンに、退がるように言う。
「放せ、マーベル!信じろ……私は屈しない!」
「それが君がわかってない点だよ、ブライアン。自信と傲慢の違いは、自分に助けが必要な時を知ることだ」
 マーベルはブリテンを力ずくで退がらせると、ただ一人、フェニックスに対峙する。

save028005.jpg
 フェニックスが、彼の中にあるエネルギーを吸収する。それは彼が、再び死ぬことを意味していた。しかし、マーベルの口元には笑みが浮かんでいた。
「命など、惜しまなかったさ」

 ミス・マーベルは、その最期の姿を見つめていた。

「彼は私が憶えていたままだった。いえ、それ以上。一瞬もためらいはしない。
 人々を救うためだとわかったら、それを進んで差し出した。
 比類なき、高貴さと勇気。
 どれほど、彼が必要か。その純粋なる勇気が。
 彼がまだ、私たちの側にいたなら、どれだけの違いを生んでいただろう。
 そして私が、どれほど愛する友のことを思うことか」

 
 フェニックスは、マーベルの体内にあった自分の欠片を回収すると、それで満足したのか、ハーラを離れ再び地球へと向かった。クリーの民は救われたのだ。
 アベンジャーズはクリーの協力で、クインキャリアー(宇宙船)を修理すると、フェニックスを追うために再び出発する。メンバーは傷ついていたが、その士気は高かった。キャプテン・マーベルの示した私心無き自己犠牲が、彼らに勇気を与えていたのだ。

 キャプテン・マーベル……その名前は、最も偉大なヒーローの名として永遠に生き続ける。


<感想>
 宇宙を舞台にした、フェニックス迎撃チームの活躍。
 少々混乱するかも知れませんが、この話は『アベンジャーズ』誌で描かれたプロテクターの裏切りより、前に起こった出来事です。発売はこちらのほうが後だったので、紹介の順番もそれに準じました。整理すると、

 シークレット アベンジャーズ #26
 シークレット アベンジャーズ #27 
 シークレット アベンジャーズ #28(このエントリー)
 アベンジャーズ #26
 アベンジャーズ #27

 という順番で、その後、アベンジャーズ VS X-MEN #4で、月にソーが降ってくる場面につながると。
 一体、何回フェニックスと戦ってるのか……もうこのチームには、ご苦労さんとしか言い様がない(特にソーは)。しかし星を砕く巨大なフェニックスに、等身大のソーたちが生身で立ち向かっていくのは、なかなかシュールな光景だったw

 さて、今回再び命を落としたキャプテン・マーベル。実はミス・マーベルこと、キャロルさんがその名前を受け継ぐことになります。この話は、また別の機会に。

<評価>8.5 

 これでようやく、アクト1全ての紹介が終了。やっと、アクト2に取りかかれる!

↓応援は拍手ボタンで!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ブリテンさんは裏方としてスケールでかい事件に直面するポジションが安定しているのでしょうか…
ハウスオブMの時の出番を思い出してしまいました。

あまり活躍誌は見た事がないのですが、
キャプテンマーベルは再び美しい最期を用意してもらえて一安心……かも
MARVEL世界のヒーロー同士の戦いに加わってほしくないというか、
そんな気がしてしまうので……

No title

キャプテンブリテンは、Remenderのお気に入りなのか、
「Xフォース」に、この「シークレット アベンジャーズ」と最近よく見ますね。

キャプテン・マーベルはラストで、遺体がどこかの星にたどりつき
その体の周りに植物が生い茂る、という意味深な描写になってます。
フェニックスの再生の力が体に残ってるなら、また生き返る可能性が
あるかも……
プロフィール

MONDO

Author:MONDO
行ってみたいなジーン・グレイ学園。そんなアメコミ好きのオッサンのブログ。

↓ツイッター始めました
mondocomics2013

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

FC2カウンター
最近の記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブログランキング 応援お願いします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング 応援お願いします