FC2ブログ

日本人アーチストのグリヒルさんを応援しよう

アメコミ界で活躍されている、日本人アーチスト・グリヒルさんについて。
gurihiru001.jpg
これはアベンジャーズ映画公開記念に展開されている、ヴァリアントカバーからの1枚。どうですか、この可愛さ。こういう絵を描かせたら、アメコミ界でも1、2位を争うと言っても過言ではあるまいよ。以下、ウィキペディアより引用。

グリヒルは日本のイラストレーターユニットで、Sasaki(デザイン、下絵、ペン入れ)とKawano(デザイン、彩色、ウェブページ制作)の2人からなる。ともに北海道の出身で、現在はさいたま市を拠点に主にアメリカンコミックスのアーティストとして活動している。

ちなみに、海外のAmazonだとBryan Gurihiru という名前で表記されてるが、これは御本人のツイッターによれば、勝手に付けられたもののようです。(色んなことが起こるもんだな…)

アメコミの代表作は、やはり「パワーパック」のシリーズということになるだろうか?あれは読んでいて非常に楽しいし、何気にマーベルユニバースのキャラクター紹介物としてもよく出来ているので、是非とも翻訳を希望したいものである。
私は基本的にファンなので、グリヒルさんの名前を見ると買うことにしているのだが、上記の「パワーパック」シリーズ以外で印象的だったのは、「ウルヴァリン ファーストクラス #16」かな。
このシリーズ、ウルヴァリンとX-MENに加入したてのキティ・プライドのコンビが主役という、正に俺得なコミック。ぶっちゃけコメディで全年齢向けタイトルだけど、ナメてはいけないよ。ライターがピーター・デビッドだったりするのだ。この作品の面白さについては、また機会を改めてじっくり語るとして…

グリヒルさんは、ダズラーがゲストの16号を担当。1話だけだったのが、悔やまれます。

wfc0160008.jpg
グリヒルさんの描くウルヴァリン。若干、こち亀の両さんっぽい気がしなくもないw

wfc0160009.jpg
左がキティで、右はサイリーン。キティもだけど、この回のサイリーンが死ぬほど可愛いんだよ!

しばらくは「アバター」の描き下ろしコミックでお忙しいのでしょうが、また機会があれば、マーベルのお仕事もしていただきたい。ジーングレイ学園とか、作風にぴったりだと思うのだが。
日本でも、グリヒルさんとかタケダサナさんとか、アメコミ界でがんばっていらっしゃる日本人アーチストをもっと取り上げてほしいものです。

というわけで、日本人アーチストのグリヒルさんを応援しよう!

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MONDO

Author:MONDO
行ってみたいなジーン・グレイ学園。そんなアメコミ好きのオッサンのブログ。

↓ツイッター始めました
mondocomics2013

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

FC2カウンター
最近の記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブログランキング 応援お願いします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング 応援お願いします