エイジ・オブ・アポカリプス再臨

uxforce191cover.jpg

何千年もの間、アポカリプスと呼ばれるミュータントは、適者生存の論理を掲げ、人類を滅ぼしミュータントが世界の支配種となるべく、戦いを繰り広げてきた。X-MENは何度と無くアポカリプスと戦い、倒してきた。しかし、アポカリプスが勝者となり、人類が絶滅の危機にある異次元世界が存在する…そう、それがエイジ・オブ・アポカリプスだ。

1995年から1996年にかけて繰り広げられ、日本でもファンの多い、もはや伝説的と言ってもいいストーリー「エイジ・オブ・アポカリプス」。それが2011年、『アンキャニイ Xフォース』における「ダークエンジェルサーガ」で、再び復活を遂げた(そう、またしても「ダークエンジェルサーガ」である)。以下、概要。

悪の心に取り付かれたウォーレン(アークエンジェル)を救うため、ウルヴァリンらXフォースは、ダークビーストの案内で、異次元世界エイジ・オブ・アポカリプス(以下AOA)を訪れる。そこにあるセレスティアルズの残した「ライフシード」のみが、ウォーレンを治療できるというのだ。しかしダークビーストの裏切りに会い、異世界に取り残されてしまうXフォース。そこで彼らは、この世界のX-MENに出会う。しかし、AOA世界は未だに破滅の危機にあった。アポカリプスが倒れた後も、ブラックリージョンと呼ばれる謎の軍団により、人類の殲滅が行われていた。XフォースとAOAのX-MENは協力して戦う。そして彼らはついに、ブラックリージョンを率いる男と対面する。それはウェポンX…かつてX-MENの一員であった、この世界のウルヴァリンであった!
weaponx0011.jpg
恋人の変貌した姿に衝撃を受ける、AOAジーングレイ。ウェポンXは語る。「選択肢は無かった。進化が進まなければ、セレスティアルズはこの世界を失敗と見なし、俺たちを滅ぼす。その前に、ミュータントが人類を滅ぼさなければならない
その後、616世界(いわゆるオリジナルユニバース)に戻ったXフォースは、アポカリプス化したアークエンジェルと戦うことになるが、AOA世界のX-MENも加勢。戦いが終わった後、Xフォースは616世界に留まるように勧めるが、彼らは拒絶し自分たちの世界へと帰っていった。AOAナイトクローラーのみが、616世界にいるダークビーストらAOAの悪党どもに引導を渡すために、こちらの世界に残った。(『アンキャニイ Xフォース』 #10~19)

AOA世界に帰還したジーンたちだったが、事態は更に悪化していた。一握りの人類が最後の都市に終結しミュータント軍に抵抗していたが、それも風前の灯だった。戦況を打開するため、ジーンとレジスタンスたちは最後の賭けに出る。それはジーンが、616世界のウルヴァリンからテレパシーで得た情報に基づいた作戦で、マグニートの死んだ娘スカーレットウィッチのクローンを作り、その現実改変能力で全てのミュータントの能力を消去しようというものだった。だが、そこにウェポンXが襲来し、マグニートとローグを殺害。
uxforce1910004.jpg
最後の望みのスカーレットウィッチの能力も、半径12フィートにしか影響が無く、しかもウェポンXには効果が無かった。結果的にジーンとセイバートゥースの能力だけを消去してしまい、作戦は失敗に終わる。もはや勝ち目は無い。レジスタンスのリーダー、プロフェットは退却を命じる。かくて人類最後の都市も消え去り、世界はミュータントの天下になりつつあった…(『アンキャニイ Xフォース』 #19.1)

では、AOA世界のX-MENの運命について、整理してみよう。

<生存、ただし能力喪失>ジーン、セイバートゥース
<生存、616世界に留まる>ナイトクローラー
<悪堕ち>ウェポンX、アイスマン、ストーム
<死亡>キリカ(X-23)、ワイルドチャイルド、サンファイア、ガンビット、シルバーサムライ、マグニート、ローグ

ほぼ、X-MEN全滅状態。しかし驚いてはいけないよ。『エイジ・オブ・アポカリプス』新シリーズが始まります。主役はこの人たち。
pointone0003.jpg
その名もX-ターミネーテッド
ウィリアム・ストライカー、ドナルド・ピアーズ、トラスク、グレイドン・クリードという、本家X-MENでは悪役だった人間たちの名前が並ぶ。しかしAOA世界では、彼らはヒーローの立場。「ミュータントが支配する世界での、人類側のレジスタンスの戦いを描く」のが、新シリーズの主旨なのだ(X-MENが全滅状態になり、残ったジーンとクリードが能力を喪失したのも、コンセプトを明確にする意図だろう)。インタビューによれば、時代がある程度飛んで、ミュータントが完全に支配権を握った世界が舞台になる模様(『ポイントワン』で描かれた短編でも、そんな感じだったし)。
アルティメット世界といい、エルスワールドはオリジナル世界でやれない極端なことをやる、という傾向にあるので、これもまた一興であろう。この新シリーズが、ヒットするかどうかは、目下のところ何とも言えない。ライターがアイズナー賞取ったこともあるDavid Lapham、アートがRoberto De La Torreと、気合の入った面子ではあるが。

ウルヴァリンファンとしては、悪堕ちしてラスボスになっちゃった話っていうのは、なんともモニョる感じですけどね。セレスティアルズに強化でもされたのか、天敵のマグニート瞬殺するぐらい強くはなってるんだけど。喜んでいいものやら。
あとAOAサイクロップスが、#2から登場するらしい。しかし前述した通り、主役はあくまで人間側なので過剰に期待しないほうが良いかもしれない。もしヒーロー側になれたら、サイクVSウェポンXが見られるかもしれんが……刺身にされるのがオチかもねえ。

<追記>書き忘れてたけど、ストームは改造されてウェポンXの奴隷になってる。一応、<悪堕ち>に加えておく。死んではいないはずなので、新シリーズでも出てくるかも。



↓面白かったら、拍手ボタンをプリーズ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めまして。いつもレビューを楽しみにしております。
AoAの新シリーズとのことですが、以前に出た続編では再建されてたと思いきや日に日に荒んでいってるようですね。
アイスマンも何故、悪堕ちしたのか気になります。

No title

あれ?ドナルド・ピアースはウェポンXでローガンに隠し爪で
殺されませんでしたっけ?生きてたってオチですか・・・
ガンビットも2回死にましたよねたしか

No title

コメントありがとうございます。

>mr.excelsiorさん
アイスマンは、知らぬ間にアークエンジェル側にいました…
まだ616世界にいて、近いうちにまたXフォースと戦うようです。

>名無しさん
ドナルド・ピアースはサイボーグなので、ボディを修復した模様です。
ガンビットは何の説明も無く生き返ってました。AOA世界では前のミニ
シリーズから一気に10年が過ぎ去ったそうなので、色々あったんでしょうね
(としか言いようが無い…)。
プロフィール

MONDO

Author:MONDO
行ってみたいなジーン・グレイ学園。そんなアメコミ好きのオッサンのブログ。

↓ツイッター始めました
mondocomics2013

コメント欄よりツイッターに話しかけてくださったほうが、レスポンスが良いかと思われます。

FC2カウンター
最新アメコミ関連商品

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
FC2ブログランキング 応援お願いします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング 応援お願いします