FC2ブログ

2011年 アメコミベスト10! 1~5位


第1位:ウルヴァリン&The X-Men(Wolverine & The X-Men ) 
Wolverine & the X-Men by Jason Aaron - Volume 1
Story by:Jason Aaron Art by:Chris Bachalo  /Marvel Comics
watx003member.jpg
新たにミュータントのための学校「ジーングレイ学園」を立ち上げたウルヴァリン。個性豊かな教師と生徒が集まり、学園初日は大騒ぎ!
やはりこのタイトルを1位に挙げざるをえない。まだ#3までしか出ていないのに、いささか評価が早いとか、贔屓が過ぎるのでは?と言われても仕方が無いかもしれない。しかし、このブログを再開する原動力になったタイトルなので、ここはお許しいただきたい。ここ数年の私のXタイトルに関する評価は、正直微妙なものだった。アベンジャーズ系に浮気していて、X-MENは流し読みも珍しくなかった。しかし2011年、「Schism」からの展開には久しぶりにワクワクしている。これは私がウルヴァリンのファンであるからというのも大きいし、ライターのJason Aaron と(幸運にも!)感性が合ったということもあるだろう。
とにかく「ウルヴァリン&The X-Men」は、まだ始まったばかりだ。今後の可能性を含めての1位受賞としたい。
ウルヴァリン&The X-MEN #1 プレビュー&レビュー 前編 (立ち読みできます)
ウルヴァリン&The X-MEN #1 プレビュー&レビュー 後編
ウルヴァリン&The X-MEN #2 プレビュー&レビュー(立ち読みできます)

第2位:アンキャニイ X-フォース(Uncanny X-Force)
Uncanny X-Force: The Dark Angel Saga Book 1
Uncanny X-Force: The Dark Angel Saga Book 2
Story by:Rick Remender Art by:Jerome Opena  /Marvel Comics
xf0001.jpg
悪の心が抑えられなくなったアークエンジェル。彼を救うためウルヴァリンらXフォースのメンバーは、エイジ・オブ・アポカリプスの世界に旅立つ。そこで彼らを待っていたのは、意外な友と意外な敵であった…
かろうじて元の世界に帰還したXフォースだったが、完全に悪へと堕ちたアークエンジェルは世界に破滅をもたらさんとしていた。やむをえずアークエンジェルの殺害を決意するXフォース。恋人のサイロックは何とか彼を救おうとするのだが…
2011年、もっともスケールの大きかったX-MENのストーリーは、この「ダークエンジェル・サーガ」である。その魅力は、わずかなスペースで語りつくせないので、いずれ改めて紹介したい。一言だけ言うならこれはバトル物であると共に、ウォーレン・ワージントンとベッツィ・ブラドックという二人の男女のラブストーリーである。そのラストは、余りにも美しく切ない。名作。

第3位:アルティメットコミックス スパイダーマン(Ultimate Comics Spider-Man)
Ultimate Comics Spider-Man - Volume 4: Death of Spider-Man
Ultimate Comics Spider-Man By Brian Michael Bendis - Volume 1
Story by:Brian Michael Bendis Art by:Mark Bagley、Sara Pichelli  /Marvel Comics
ulcsp001.jpg
ピーター・パーカーの死。それはアルティメット世界に大きな衝撃と悲しみをもたらす。そして新たなスパイダーマン、マイルズ・モラレス。彼は果たして何者なのか…
古参のアメコミファンの方は眉をひそめるかもしれないが、私はアルティメット版のピーター・パーカーのほうをオリジナルの彼よりも愛していた(特にONE MORE DAY展開以来、オリジナルの彼は少々理解不能になってしまったので)。当然、ピーターの死はショックだった。これが616世界での話なら「まあ2,3年もすれば生き返るでしょ」とタカを括れるのだが、アルティメット世界はそうは行かない。「諸君らが愛してくれたピーター・パーカーは死んだ!何故だ!」と問いたい気分である。しかもスパイダーマンの最終回として、これ以上の無いほどの完成度で、余計涙が止まりません。
そんなわけで今現在、新スパイダーマンの物語を複雑な気分で読んでいる。でも新たに登場したマイルズ君もこっちはこっちで非常に良い少年で、徐々にヒーローとしての道を歩き始める様子は応援したい気分にさせるに十分なのである。う~む。

第4位:ウルヴァリン(Wolverine)
Wolverine: Wolverine Goes to Hell
Wolverine: Wolverine's Revenge
Story by:Jason aaron Art by:Renato Guides、Ron Garney   /Marvel Comics
wol0001.jpg
「Wolverine Goes to Hell」のクライマックスには息を飲んだ。その悲劇は、ウルヴァリンというキャラクターに、大きな変化を与える契機ともなった。ウルヴァリンのような定着した人気キャラクターにこうした変化を与えるのは、それだけで冒険である。Jason aaronとマーベル編集部に賛辞を贈りたい。
「Goodbye, Chinatown」では、一転して痛快アクションを繰り広げ、そして2012年には日本を舞台にしたストーリーが待っている。こちらも楽しみである。

第5位:X-Men:シスマ(X-Men: Schism)
X-Men: Schism
Story by:Jason Aaron Art by:Carlos Pacheco、Adam Kubert.etc  /Marvel Comics
schism001.jpg
「ウルヴァリンVSサイクロップス」これに尽きる。やはり個人的には、この二人はあまり仲良くしてるのを見たくない(笑)。それと、イディという新しいキャラクターにスポットが当たったことも特筆すべきであろう。自分を怪物だと認識している彼女は、現在のミュータントの悲劇性を象徴するキャラクターである。Carlos Pacheco、Frank Cho、Daniel Acuña、Alan Davis、Adam Kubertというアーチストの競演も見所。
ところでSchismを日本語でどう表記するかだが、宗教用語的にはシスマというらしいのでそれに従った。メシア登場以来、宗教ネタだもんね。


以上、私個人の2011アメコミベスト10でした。お付き合いいただき、ありがとうございました。
なお惜しくも選に漏れたタイトルとしては、「Daredevil」「Avengers」「Fear Itself」「Justice League」「Batwoman」など。
いや~今年は総じて面白い年でした。2012年も楽しませてくれることを願います。それでは皆さん、良いお年を!

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MONDO

Author:MONDO
行ってみたいなジーン・グレイ学園。そんなアメコミ好きのオッサンのブログ。

↓ツイッター始めました
mondocomics2013

当サイトはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたAmazonアソシエイト・プログラムの参加者です。

FC2カウンター
最近の記事
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリー
月別アーカイブ
FC2ブログランキング 応援お願いします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング 応援お願いします