ウルヴァリン #20 レビュー

wol020cover.jpg
Wolverine #20
Story by:Jason Aaron
Art by:Renato Guedes, Jose Wilson Magahales
Wed, December 21st, 2011
comiXologyで購入。

ニューヨークにある公園の一角で、秘密の会談が開かれようとしていた。忍者集団ハンドのボス、ウィルソン・フィスクことキングピン。相手は日本のヤクザの親分タケナカ。ヤシダ一族の頭目であるシルバーサムライ(ケンイチロウ・ハラダ)が死んだことによって、日本の裏社会で権力闘争が起きようとしている。それを事前に避けるべく平和協定を結ぶためだった。
しかし話がまとまろうとした時、バーザード・ブラザーズが襲いかかった。以前ウルヴァリンが戦ったことのある、食人兄弟だ。謎の美女たちがキングピンとタケナカを逃がそうとし、たまたま通りかかったウルヴァリンが兄弟と戦う。謎の狙撃者の助けもあり兄弟を撃退したウルヴァリンの前に現れたのは、死んだはずの昔の恋人セラフだった。
捕らえられたバーザード・ブラザーズは「忍者に雇われた」と白状する。しかし、それはハンドのボスであるキングピンも知らないことだった。どうやら日本で何かが起ころうとしている…

死んだはずだよセラフさん。懐かしいな~ウルヴァリンファンなら聞いたことがあるだろう、このお婆ちゃんのことは。魔都マドリプールにあるバーのオーナーで、ローガンとは第一次世界大戦前からの付き合いである。(一体幾つなんだ!?)しかも部下に、キャシー・ラスロップリンクスという、これまたローガンの元カノ二人を引き連れてのご登場である。何なの?何かの嫌がらせ?現在の恋人であるメリータさんは、当然苦い顔。
で、これまた何故かキングピンとタケナカさんも含め、全員で同じ車に乗ることに。
wol0200009.jpg
なんだ、この状況w

ちなみに表紙のような、ウルヴァリンVSキングピンのようなシーンは残念ながらありません。表紙詐欺はよくあることだが、ろくに会話も無しってどういうことよ。これはマイナスポイント。
さて、とにかく日本で忍者とヤクザの戦争が起こりそうということで、次回の300回記念号から日本編の始まりである。おなじみのアミコユキオ、そして新シルバーサムライも出ると言う。そして、今回ローガンを助けた謎の狙撃者は何者なのか?(マーべリックかな?そうだと言ってくれ!)
そしてそして、でっかくて爪があって、ローガンさんに嫌がらせをするのが大好きなあの野郎も復活!

非常に残念ながら、Jason Aaronはこの日本編を持って、ウルヴァリン個人誌のほうはライターを降板するということ。しかし、どうやら最後に派手な花火を上げてくれそうだ。

評価:8.0

セラフとキャシー・ラスロップについては、「ウルヴァリン パーフェクトガイド」に詳しい。リンクスは昔の「マーベルコミックス・プレゼンツ」に出てきたらしいが、さすがに知らんわ…他はウルヴァリンの日本での冒険を描いたエピソード。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

MONDO

Author:MONDO
行ってみたいなジーン・グレイ学園。そんなアメコミ好きのオッサンのブログ。

↓ツイッター始めました
mondocomics2013

コメント欄よりツイッターに話しかけてくださったほうが、レスポンスが良いかと思われます。

FC2カウンター
最新アメコミ関連商品

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

最近の記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
FC2ブログランキング 応援お願いします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング 応援お願いします