X-23 #17 プレビュー&レビュー(立ち読みできます)

x2300cover.jpg
X-23 #17
Story by:Marjorie Liu
Art by:Sana Takeda
Wed, November 16th, 2011

x23001.jpg
<↓日本語版プレビュー! クリック>
x23002.jpg x23003.jpg x23004.jpg

<ストーリー>
X-23…ウルヴァリンの少女型クローン。殺人マシーンとして生み出された彼女はウルヴァリンと出会い、X-MENに保護された。そして殺ししか知らなかった少女は、自分自身の人生を求め再び旅に出たのだった。ウルヴァリンやガンビット、ジュビリーらに助けられながらも、X-23の旅は続く。ある事件でファンタスティック・フォーと知り合ったX-23だが…

ジーングレイ学園で、元チームメイトで恋人未満の関係だったヘリオン(ジュリアン)と再会するX-23(ローラ)。ヘリオンはユートピアでの戦いで両腕を失い、トラウマを抱えていた。またX-23が自分を捨ててX-MENを離れたと思い込み、彼女に複雑な感情を抱いていた。
x23007.jpg
しかしそこにファンタスティック・フォーから連絡が入る。行こうとするX-23を「話はまだ終わっていない」と引きとめようとするヘリオン。しかし彼を遮ったのは、X-23のお守り役を買って出ているガンビットだった。
ファンタスティックフォーの用事とは、リードスーが資金集めのパーティーに出席する間、二人の子供フランクリンヴァレリアの子守りをしてほしいということだった。
「しかし私は子守りなんか何も知らないんだ。もし…あの子達を傷つけたら…」
「あなたはあの子達を守ってくれたじゃない。もう忘れたの?(注:この回の前に起こった事件のこと)それに、あの子達あなたのことをとても好きなのよ。もちろん私たちもね。もっと重要なのは、あなたを信じてるってこと」
戸惑うX-23を、スー・リチャーズはやさしく励ます。そして苦笑いでこう付け加えた。
「それに、他の人たちにはみんな断られちゃったのよ」

そう、彼らの子供たちはかなりの問題児だった!現実改変する神の如し力を持つ少年フランクリン(周囲はこの能力が失われたと思っているが…)、そして父親顔負けの超天才的頭脳を持つ少女ヴァレリア。
案の定、二人はリードの機械を勝手に操作して、異次元から巨大なドラゴンを呼び出してしまった。
x23009.jpg
果たしてX-23は、この最も危険なミッション「子守り」を切り抜けられるか!?

<解説>
女性ライターMarjorie Liuと、日本人女性アーチスト・タケダサナさんが手がけるX-23のシリーズ。
アメコミ界、特にマーベルのような大手でレギュラーシリーズを手がけられる日本人は非常に稀で、GURIHIRUさんが「アバター」のコミックを描きに他所に行っちゃったので(今度取り上げたい)、現状タケダサナさんが唯一のマーベルユニバースの日本人アーチストということになる(他にいらっしゃったら御免なさい)。これってけっこう凄いことなのですよ。
タケダサナさんのアートは、ご覧になっていただければわかるように、アメコミ風と少女マンガ風をミックスさせたような絵柄で、アメコミを読み慣れていない日本人にも取っ付き易いのではないだろうか。以前は「Ms. Marvel」などを手がけられていたが、X-23のほうが彼女の繊細なタッチには合っているように思える。ちなみに女の子も可愛いが、オッサンキャラもなかなか良い。
x23006.jpg
ほい、ローガンさんとガンボさん。タケダさんは今一番カッコ良いガンビットを描いてくれる人かもしれないなw

さてストーリーだが、X-23+ベビーシッター=良いコメディになるという期待があったが(表紙が昔の映画「ベビーシッターアドベンチャー」のパロディになってて芸が細かい)、実際にX-23と子供たちとのやり取りは非常に楽しい。ただし私はもう次の#18まで読んだのだが、ヘリオンとの恋話に重点が移ってるのが少々もったいない気も。舞台が宇宙になるのも、この間キャプテン・ユニバース関係の話をやったばかりなのでネタが被ってるし…FF絡みなんでスケールが大きな話になるのは仕方ないんだが。ラスト一話での巻き返しを期待したい。もっとヴァレリアの出番を!(←本音)

ちなみにこのタイトルは残念ながら、来年早々の終了が決まっている。しかし心配は御無用。X-23は「Avengers Academy」誌にレギュラー入り(結局ジーングレイ学園には留まらないらしい)。Liuは「Astonishing X-MEN」の新ライターに決まっており、こちらにはガンビットも出る模様。タケダサナさんはX-23がゲスト出演する「Venom」#13.2のアートを担当する。
今後もX-23並びにタケダサナさんに注目していきたい。

評価:7.5

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

コメントの投稿

非公開コメント

いっすね

初めまして。
サナ・タケダさんバージョンの画は初めて見たんですが、X-23いいですね。
麻宮騎亜版が翻訳されたぐらいだから、このシリーズも邦訳でればいいのに……出ませんかねー
プロフィール

MONDO

Author:MONDO
行ってみたいなジーン・グレイ学園。そんなアメコミ好きのオッサンのブログ。

↓ツイッター始めました
mondocomics2013

コメント欄よりツイッターに話しかけてくださったほうが、レスポンスが良いかと思われます。

FC2カウンター
最新アメコミ関連商品

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

最近の記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサードリンク
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
FC2ブログランキング 応援お願いします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング 応援お願いします