ニューアベンジャーズ:レボリューション

newaverevo.jpg
 ニューアベンジャーズ:レボリューション (MARVEL)
 ブライアン・マイケル・ベンディス (著), アレックス・マリーヴ (イラスト), レイニル・ユー (イラスト), 石川裕人 (翻訳), 松澤慶香 (翻訳)
 ヴィレッジブックス (2013/1/19) ¥ 2,835

 アベンジャーズ 新章スタート!
 スカーレット・ウィッチの行方は? / ホークアイは生きてきた!? / アベンジャーズ対アベンジャーズ! アベンジャーズ再来日! ブラザー・ブードゥー参上! / ローニン再び! / 驚愕のラスト!


 ヒーロー達を二分したシビル・ウォーは、超人登録法賛成派の勝利に終わった。内戦によって分裂したアベンジャーズの内、登録法に反対した一派は反逆者の烙印を押され、地下に潜っての活動を余儀なくされていた。
 一方その頃、日本では、かつてアベンジャーズに協力した女戦士ローニンが、絶体絶命の危機に陥っていた。戦友の危機に、雌伏のアベンジャーズは日本を目指す!
 そして、ついに明かされる「ハウス・オブ・M」秘話!

続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

アルティメット・スパイダーマン #16 エムジェイの面接日

xduspidy016001.jpg

<ストーリー>
 トラップスターを見事なチームワークで撃退した、スパイダーマンとそのチームに、S.H.I.E.L.D.から初任務が下される。しかし、それがJ・ジョナ・ジェイムソンの護衛だと知り、スパイディはがっくり。街に出没するビートルという悪党をいつもの調子で叩きまくったジェイムソンは、恨みを買って命を狙われているらしい。
 渋々、任務に向かうスパイディたちだが、ジャーナリスト志望のエムジェイビューグル社の面接を受けに行こうとしていることが判明。
 あわてたスパイディたちはあの手この手でエムジェイを帰そうとするが、彼女の鉄の意志の前には効果が無い。とうとうジェイムソンと面会するエムジェイ。しかし、そこにビートルが襲ってきた!スパイディとチームは、エムジェイと(ついでに)ジェイムソンの命を守れるか!?

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

アイアンマン ザ・アドベンチャーズ #43 ミュータントの転校生

irad0043.jpg

<ストーリー>
 アイアンマン(トニー)は、パトロール中に、ミュータントの磁界王・マグニートーと遭遇する。鋼鉄の男も、磁界王の前では手も足も出なかった。
 翌日、トニーたちの通う高校に転校生がやって来る。彼女の名前は、アニー・クレアモント。ちょっかいを出した男子生徒とのいざこざで、彼女がミュータントだということが判明するが、トニーたちは彼女の友人になろうとする。彼女は「ミュータントを助けてくれる学校」を探していた。
 しかし、彼らの前にマグニートーが現れる。マグニートーは、反ミュータントの急先鋒の政治家・ケリー議員を暗殺するためにアニーの力を利用しようとする。
 トニーはアニーを救うため、マグニートーと戦おうとするが、あらゆる金属を操る磁界王にどう立ち向かうのか!?

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

ローグ、キティ、アイスマンがスクリーンで復活!

 昨日ちょうどテレビで『X-MEN2』が放送されてましたが、こんなニュースが飛びこんできました。

 ブライアン・シンガー監督が自身のツイッターで、ローグ役のアンナ・パキンキティ・プライド役のエレン・ペイジアイスマン役のショーン・アシュモアが、2014年公開予定の映画『X-Men:デイズ・オブ・フューチャー・パスト』へ出演することを明らかに。
bst.jpg

 既に、ヒュー・ジャックマン、パトリック・スチュワート、イアン・マッケランの出演も決定してるので、旧三部作の出演者が集結する形になってますね(残るはハル・ベリーファムケ・ヤンセンジェームズ・マースデンか。ヤンセンは出たいらしく「オファーを待ってる」と発言している)。
 もうこれ、『X-MEN4』でもいいんじゃね?w

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

アルティメット・スパイダーマン #15 フューリーより愛を込めて レビュー

xduspidy015001.jpg

<ストーリー>
 今日もフューリーとの約束に遅刻してしまったスパイダーマン。しかしヘリキャリアに到着してみると、そこはマスクをかぶったスコーピオと名乗る男と、その部下のゾディアックたちに占拠されてしまっていた。しかもスコーピオは「ニック・フューリーは死んだ」と言うのだ。
 ただ一人、ゾディアックと戦うことになったスパイディは途方に暮れるが、そこにフューリーからの通信が。どうにかフューリーを救出し、二人で組んでゾディアックに戦いを挑むことに。
 果たして、フューリー必殺の作戦とは?そしてスコーピオの意外な正体は!?

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

アイアンマン ザ・アドベンチャーズ #42 鼓動

imad042001.jpg
<ストーリー>
 S.H.I.E.L.D.をクビになったエージェントのマーレンは、超人血清の一種「エクストリミス」を強奪。ニック・フューリー将軍へ復讐しようとする。
 街で暴れていたマーレンに出くわしたトニー・スタークは、アイアンマンになって戦うが、エクストリミスのパワーの前に敗れる。S.H.I.E.L.D.に保護されたトニーは、フューリーやブラックウィドウに会うが、さらにショッキングな事実を告げられる。心臓に負担がかかっており、これ以上アイアンマンとして活動するのは死を意味するというのだ。
 だが、トニーはアイアンマンを続けるため、マーレンを止めるために、自らの身体にエクストリミスを注入する……

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

2013年4月のマーベルコミックス

 2013年4月の、マーベルコミックスのラインナップが発表されました。
(*以下、今後のネタバレが含まれますのでご注意ください)

mapril003.jpg
 CBR:Marvel Comics Solicitations for April, 2013

 3月に引き続き、『エイジ・オブ・ウルトロン』が話題の中心。
 ルーク・ケイジウルトロンの謎に迫り、キャプテンアメリカが生き残ったヒーローたちを率いて決死の戦いを繰り広げる。
 そして、ウルヴァリンインビジブルウーマンが時間を超えて、過去のアベンジャーズに接触……?
 ウルヴァリン、今回のイベントはそんなに出番は無いだろうと思ってたら、意外と重要な役なのか!?

 こちらはタイインの、『WOLVERINE & THE X-MEN #27』のカバー。
mapril004.jpg
 ……なにをしれっと混じってるんですか、あんたら!?

 これ60年代のアベンジャーズなので、ウルヴァリンは本来、まだデビューもしてないという「ありえない光景」。インビジブルウーマンとのコンビっていうのも珍しいですねえ。あと、コスチュームも微妙に変w 
 過去の伏線から、タイムスリップ絡みにはなるだろうと思ってたけど、このイベント、どう話が転がるんだろう?

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

バットマン:梟の法廷 & ダークナイト:姿なき恐怖

 バットマンの翻訳本が、立て続けに発売されます。

batmannew52001.jpg
 バットマン:梟の法廷(THE NEW 52!)
 スコット・シュナイダー (著), グレッグ・カプロ (イラスト), 高木亮 (翻訳)
 小学館集英社プロダクション (2013/1/30)  ¥ 2,100

 DCユニバースの設定を再構築させ、リニューアルさせた“ニュー52"シリーズ。 そのシリーズ大本命の「バットマン」誌が満を持しての登場! アメコミ初心者、必読です!

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

マーベル NOW!~X-MEN NOW!

 マーベルNOW!ニュース続報。予想通り、無印X-MENもリランチが来ましたよっと。コンセプトが素晴らしいんですよ。
 なんと……女性オンリーチーム!

○X-MEN
 ストーリー:ブライアン・ウッド(Brian Wood) アート:オリビア・コワベル(Olivier Coipel)

xxmennow001.jpg
 USA TODAY:A-list heroines star in Brian Wood's relaunched 'X-Men'

 かつての敵・サブライムが、助けを求めてX-MENを訪れる。太古の邪悪が宇宙からやって来ると言うのだ。一方、ジュビリーは捨て子を拾う。その子は鍵となる存在だった。人類の救済と……破滅の。危機を前に、女性Xチームが立ち上がる!


 チームメンバーは、ジュビリー、ストーム、ローグ、サイロック、レイチェル、キティ。
 中でも、ジュビリーがストーリーの中心になるとか!
 ライターのウッドは、新人時代に『Generation X 』誌を手がけたので、ジュビリーには思い入れがあるらしい。ジュビリーファンとしては嬉しい限りだ。

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

ウルヴァリン & The X-MEN 総評

<総評>
 やはり、映画化も決定してる名作『デイズ・オブ・フューチャー・パスト』を基本コンセプトに、現代と未来を交錯させる構成が、非常によくできている。未来世界で戦うプロフェッサーXは、この作品のもう一人の主人公と言えよう。
 クライマックスのサイク、ジーン、エマの関係など、グラント・モリソンの『New X-Men』や、ジョス・ウェドンの『アストニッシングX‐MEN』と、(当時の)最新作の影響も見られる。

 ウルヴァリンが正式にX-MENのリーダーになった作品は、このアニメが初めてだと思われるが(コミックでも、ストームがリーダーやってた時期に代理でチームを率いたりはしてたけど)、本来、一匹狼であるウルヴァリンをリーダーに据えるのは冒険だったと思うが、結果的には「らしくない」役目を負わせることで新しい魅力が描けたし、X-MEN自体も(リーダーがこんななんで)自由な雰囲気が出てたのが面白かったと思う。

waxmanimewol002.jpg
「おい、お前ら!勝手に俺を助けるのはやめろ!」
「助けないと怒るし、助けてもやっぱり怒る」(byアイスマン

 あんま尊敬はされてないけど、愛されてはいるようだw こういうリーダーも、大いにありじゃないかな?

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

ウルヴァリン & The X-MEN エピソードガイド 20~26話

 ウルヴァリン & The X-MEN(OP、予告編) 
 ウルヴァリン & The X-MEN キャラクター紹介
 ウルヴァリン & The X-MEN エピソードガイド 1~7話
 ウルヴァリン & The X-MEN エピソードガイド 8~13話 
 ウルヴァリン & The X-MEN エピソードガイド 14~19話

エピソード20:Breakdown
waxmanimeep020.jpg
 戦闘中に、ジーンの幻覚を見てミスをしたサイクロップスは、これ以上チームに迷惑をかけまいとX-MENを去ろうとする。そんな彼に、エマはジーンに関する記憶を消去することを提案する。
 だが、自らの記憶をたどる心の旅の中で、サイクロップスは爆発事件の意外な真相にたどり着くのだった。


エピソード21:Rover
waxmanimeep021.jpg
 プロフェッサーXは、過去の出来事の詳細なデータを得るために、マスターモールドの基地にあるデータバンクを奪おうとする。
 センチネル軍団の防備を突破するには、旧型センチネルのローバーを囮に使うしかない。しかし、ローバーと心を通わせていたマロウは反対する。


エピソード22:Aces and Eights
waxmanimeep022.jpg
 盗賊ガンビットは、「マグニートのヘルメットを盗み出せ」という依頼を受け、ジェノーシャへ。目的のために、マグニートの娘・ポラリスを誘惑する。
 そのガンビットの行動が、人類とミュータントの戦争の引き金になると知ったウルヴァリンは、ナイトクローラーと共にジェノーシャに向かう。

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

ウルヴァリン & The X-MEN エピソードガイド 14~19話

 ウルヴァリン & The X-MEN(OP、予告編) 
 ウルヴァリン & The X-MEN キャラクター紹介
 ウルヴァリン & The X-MEN エピソードガイド 1~7話
 ウルヴァリン & The X-MEN エピソードガイド 8~13話 

エピソード14:Stolen Lives
waxmanimeep014.jpg
 ミスティークウルヴァリンに、クリスティウェポンXに狙われていると告げる。ミスティークを信用できないまま、共にウェポンXに侵入するが、そこにはセイバートゥースと、洗脳されたクリスティの父親・マーベリックとの戦いが待っていた。
 そしてウルヴァリンは、自らの過去とミスティークとの意外な関係を垣間見る……
 X-23がちらっと登場。


エピソード15:Hunting Grounds
waxmanimeep015.jpg
 異次元の支配者モジョーは、ジェノーシャにいたナイトクローラースカーレットウィッチを誘拐する。二人をTV番組の見世物にするためだ。
 二人の前に、洗脳されたウルヴァリンの爪が迫る。ナイトクローラーは、仲間を救いモジョーの魔手から逃れられるか?


エピソード16:Badlands
waxmanimeep016.jpg
 未来では、センチネルの追撃から逃れたプロフェッサーXたちが、砂漠でマグニートの娘・ポラリスと出会っていた。教授は彼女の口から、ジェノーシャが滅びマグニートも死んだと聞かされる。
 現代では、ウルヴァリンが情報を求め、キティ、フォージと共にボリバー・トラスクの研究所に潜入していた。

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

ウルヴァリン & The X-MEN エピソードガイド 8~13話

 ウルヴァリン & The X-MEN(OP、予告編) 
 ウルヴァリン & The X-MEN キャラクター紹介
 (*ブラザーフッドフューチャーX-MENなどの項目を追記しました)
 ウルヴァリン & The X-MEN エピソードガイド 1~7話

エピソード8:Time Bomb
waxmanimeep008.jpg
 ウルヴァリンプロフェッサーXから、「ミュータントの人口の半分を消滅させる事件が起こる」という警告を受ける。
 その頃、巨大な爆発を起こすミュータント・ナイトロは、自分の能力を制御できず、自らMRDに投降する。しかし、クイックシルバーたちブラザーフッドは、ナイトロを脱獄させその能力を悪用しようと目論む。ローグは、ナイトロの処遇を巡って仲間のブラザーフッドと対立するのだが……
 サイロックが、ブラザーフッドの協力者としてゲスト登場。


エピソード9:Future X
waxmanimeep009.jpg
 未来世界では、プロフェッサーXがセンチネルに捕獲され、ミュータント収容所に送られていた。教授はそこで、ビショップたち生き残りのX-MENと出会う。果たして、教授たちの脱獄計画は成功するのか?


エピソード10:Greetings from Genosha
waxmanimeep010.jpg
 ナイトクローラーは、避難民たちと共にジェノーシャにたどり着く。マグニートは、本当にミュータントの楽園を築いたのか?いぶかしむナイトクローラーの前に、マグニートの娘のスカーレットウィッチが現れる。彼女と心を通わすナイトクローラーだが……
 一方、Xマンションには、変身能力を持つミュータント・ミスティークが侵入していた。

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

ウルヴァリン & The X-MEN エピソードガイド 1~7話

ウルヴァリン & The X-MEN(アニメシリーズ) エピソードガイド 
(*なお、マーベルの公式HPでも、無料で視聴できます)

エピソード1:Hindsight (Part 1)
waxmanimeep001.jpg
 ウルヴァリンが学園を去ろうとしたその日、謎の爆発が起こり、プロフェッサーXジーン・グレイが行方不明になってしまう。
 それから一年、X-MENは解散し、ウルヴァリンは独りさすらいの旅を続けていた。しかし、事故に巻き込まれた少女を助けたことがきっかけで、政府の反ミュータント組織・MRD(ミュータント・レスポンス・ディビジョン)に狙われる。少女とその家族までが拘束されるのを見たウルヴァリンは、ビーストの助けを得てMRDの収容所に潜入。少女や囚われていたミュータントたちを救い出すのだった。
 人類とミュータントの対立が深まっていることを感じたウルヴァリンは、X-MENの再結成を決意する。


エピソード2:Hindsight (Part 2)
waxmanimeep002.jpg
 X-MEN再結成に乗り出すウルヴァリンとビーストだが、ジーンを失ったショックから立ち直れないサイクロップスは拒絶。そしてウルヴァリンにわだかまりを待つローグは、X-MENと敵対するブラザーフッドに加わってしまう。
 ブラザーフッドは、反ミュータント政策を進める政治家・ケリー上院議員の襲撃を計画していた。ローグの情報で計画を知ったウルヴァリンは、呼びかけに応えたX-MEN(アイスマン、エンジェル、シャドウキャット)を率い出撃するが、そこには思わぬ裏切りが待っていた。


エピソード3:Hindsight (Part 3)
waxmanimeep003.jpg
 エンジェルの助けで、学園を再建するウルヴァリン。そこにテレパシー能力を持つ美女、エマ・フロストが現れる。彼女は、セレブロでプロフェッサーXの行方を捜索することを条件に、強引にX-MENへの加入を希望する。
 教授の反応は、X-MENの宿敵マグニートが治めるジェノーシャにあった。ようやく腰を上げたサイクロップスも加わり、X-MENはジェノーシャに潜入するが、磁界王マグニートの前に苦戦する。
 なんとかXマンションに連れ帰ったが、教授は昏睡状態のまま目覚めなかった。だがそこに教授の声が……今から20年後の未来に目覚め、テレパシーで現代に語りかけていると言う。その未来は、人類とミュータントとの戦争の果てに、ミュータントハンターロボット・センチネルに支配された暗黒の世界だった。教授はウルヴァリンに、戦争を防ぐためX-MENを率いて戦うように命じるのだった。

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

ウルヴァリン & The X-MEN(アニメ版) キャラクター紹介

ウルヴァリン & The X-MEN(アニメシリーズ)

<シリーズ概要>
 謎の爆発事件でプロフェッサーXジーン・グレイを失い、X-MENは解散してしまう。
 しかし一年後、人類とミュータントの戦争の危機を前に、ウルヴァリンはX-MENの再結成を決意する。

<キャラクター>
waxmanimewol001.jpg
ウルヴァリン(ローガン)
 本作の主人公。アダマンチウムの爪と不死身の回復能力の持ち主。
 プロフェッサーXからX-MENの新たなリーダーに指名され、馴れない役目に戸惑いながらも、教授の助言を受けながら奮闘する。
 ハルクシルバーサムライとの対決、ウェポンX絡みの過去話など、単独で活躍するエピソードも多い。
 このシリーズでは、ジーンへのこだわりは希薄で、代わりに教授やローグとの絆が強調されている。

waxmanimex001.jpg
プロフェッサーX
 爆発事件の後、昏睡状態で発見される。20年後の未来で目覚めるが、そこはセンチネルに支配された暗黒の世界だった。
 教授はテレパシーで現代のウルヴァリンたちにコンタクトを取り、歴史の改変を試みる。その一方、未来世界でも、生き残ったX-MENと共にセンチネルへの抵抗を続けるのだった。
 なお、未来では、外骨格の助けで歩行することができる。

waxmanimerogue001.jpg
ローグ
 相手の記憶や能力を吸収できるミュータント。
 ウルヴァリンを慕っていたが、(爆発事件の直前)X-MENを去ろうとした彼に対し、「自分のことも捨てた」という、わだかまりを抱いている。そのため、X-MENと敵対するブラザーフッドの誘いに乗ってしまう。
 本作では、(ミス・マーベルは登場しないので)飛行能力や怪力は無い。

waxmanimecyclops001.jpg
サイクロップス
 ジーンを失ったショックで荒みきった生活を送っており、ウルヴァリンのX-MEN再結成の呼びかけも拒絶する。
 X-MEN復帰後も、ジーンのことをあきらめきれず、彼女の姿を求めて暴走する。
 生い立ちが描かれるエピソードあり。

waxmanimeemma001.jpg
エマ・フロスト
 教授を探し出すことを交換条件に、強引にX-MENに加入してくる謎の美女。
 能力は、テレパシーとダイヤモンドフォーム。
 サイクロップスの心を傷を癒そうとするうちに、彼を愛するようになるが……

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

ウルヴァリン & The X-MEN(アニメ版)

 正月、何をやってたかと言うと、ずっとこのブルーレイを見ていました。

waxmanime001.jpg
 Wolverine & X-Men: Complete Series [Blu-ray] [Import]

 2009年にアメリカで放送された、X-MENのカートゥーンシリーズ。マッドハウスのアニメを除けば、現在のところ、最新のTVシリーズということになる。
 タイトルがタイトルなんで当然気にはなってて、ず~っと日本でもやらないかなあと思ってたんだけど、いつまでたってもやらないので、とうとう輸入盤ブルーレイを買ってしまった。「英語を聞き取れるか?」「日本のデッキで再生できるか?」など不安もあったのだが、実際には特に問題なく再生でき、英語字幕を表示させれば内容も把握できました。で、感想なんですが……

 なにこれ、すごく面白い!!!!!!

 一気に全26話、完走してしまったよ。歴代のX-MENのアニメの中で、一番出来が良いかも。

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

このアメコミがすごい!2012 CBR編

 大手アメコミニュースサイト、CBR(Comic Book Resources)が選出する、2012年コミックトップ100。
 Revisit CBR's Top 100 Comics of 2012

 1位は、Brian K. Vaughanの『Saga』(Image Comics)
saga001.jpg
 これはどこのサイトでも評判良いなあ。私は1話を読んだだけなので語る資格は無いが、スターウォーズっぽい世界観の中で子育てする話?ごめん、間違ってるかも。

 トップ10は以下の通り。

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

新年あけましておめでとうございます

newyear2013.jpg

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

プロフィール

MONDO

Author:MONDO
行ってみたいなジーン・グレイ学園。そんなアメコミ好きのオッサンのブログ。

↓ツイッター始めました
mondocomics2013

コメント欄よりツイッターに話しかけてくださったほうが、レスポンスが良いかと思われます。

FC2カウンター
最新アメコミ関連商品

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

最近の記事
カレンダー
12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
FC2ブログランキング 応援お願いします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング 応援お願いします