このアメコミがすごい!2012  1~5位 !

 2012年に読んだアメコミの中で、面白かったベスト10を挙げる企画。6~10位まではこちら。

第5位:アベンジャーズ VS X-MEN(Avengers Vs. X-Men)
 Avengers vs. X-Men (Avengers Vs X-Men)
 Story by:Brian Michael Bendis(etc) Art by:John Romita Jr(etc) Marvel Comics
bestcomics2012005.jpg
 話題性では、この作品以上のものは無かっただろう。
 ヒーロー同士の戦いにワクワクし、「次に何が起こるんだろう?」とネットで少しずつ公開される情報を夢中でチェックした。これぞイベントコミックの醍醐味!堪能しました(反面、事前情報を知りすぎて、実際に読む時の楽しみが削がれたところも……まあ、わかってて見に行くこっちも悪いんですが)。
 なお当ブログの紹介記事が途中で頓挫しているのにはいろいろ理由があるのだが(単純に疲れたとか)、クライマックスの展開に、「これはネタバレを書いて大丈夫かな?」とビビったというのも一つ。でも、も~そろそろ良いだろう、ということで年明けあたりには何とかしたい。しばしお待ちを。


第4位:ザ・パニッシャー(The Punisher)
 The Punisher by Greg Rucka - Volume 1
 Story by:Greg Rucka Art by:Marco Checchetto Marvel Comics
bestcomics2012004.jpg
 犯罪組織に愛する人々を殺されたレイチェル・コール・アルヴィスは、復讐を誓った。やがて彼女は、同じ運命を持つ男、フランク・キャッスル……パニッシャーと出会う。
 ハードボイルド作家、グレッグ・ルッカが、暗く静かなタッチで二人の復讐者の運命を描く。
 好きな作品だったのだが、売り上げが振るわず終了が決まってしまった(現在はアベンジャーズをゲストに迎え、『Punisher: War Zone』という最終章をやっている)。
 確かに少し地味で小じんまりしていて、AvXあたりとは対局にある作品かもしれない(売り上げ的にも……)。しかし、こういう作品もあっていいし、あってほしい。という思いをこめて、4位に推しておく。
 ちなみに、マルコ・チェチェットの描くフランクさんが非常にイケ面。


第3位:スパイダーメン(Spider-Men)
 Spider-Men (Spider-Man)
 Story by:Brian Michael Bendis Art by:Sara Pichelli Marvel Comics
bestcomics2012003.jpg
 二人のスパイダーマンの出会いを描くミニシリーズ。
 この出会いは、新スパイダーマンことマイルズ・モラレス君にとってももちろん重要だったが、それ以上に、愛する人を失った者たちにとっての癒しになった。
 2012年、最も泣かされた作品。いずれ、ちゃんと紹介したいと思ってます。なんて言ってるうちに、またスパイダーマン関係がえらいことになってるわけですが……
 レギュラーシリーズの、『アルティメットコミックス スパイダーマン』も面白い。


第2位:ウルヴァリン& The X-MEN(Wolverine & The X-Men)
 Wolverine & the X-Men by Jason Aaron - Volume 4
 Story by:Jason Aaron Art by:Nick Bradshaw Marvel Comics
bestcomics2012002.jpg
 ジーン・グレイ学園にとって、AvXは船出の直後に出会った大嵐のようなものだった。一時はメンバーがばらばらになり、学園存続の危機にまでなったが、どうにかこうにか乗り切った。
 イベントの影響を受けつつ、ジェイソン・アーロンはこの作品独自の雰囲気を失わず、各キャラクターにスポットを当てた物語を展開。現在は何名かの新顔を加えつつ通常運転に戻っているが、あいかわらず面白い。
 なお、マイク・オーレッドをゲストアーティストに迎えた、ドゥープ主役回が異彩を放っていた。


第1位:アンキャニイ Xフォース(Uncanny X-Force)
 Uncanny X-Force
 Story by:Rick Remender Art by:Phil Noto Marvel Comics
bestcomics2012001.jpg
 殺しの道を選んだXフォースに、その報いが襲いかかる。愛、そして別れ。今、終わりの時――――
 つい先日、最終回を迎えたこのシリーズを今年のベスト1に選びました。
 このシリーズの主役をあえて選ぶなら、サイロックだと思うけど、ウルヴァリンら他のメンバーもそれぞれがドラマを抱えている(デッドプールでさえ!)。それらが融合しながら、最後まで緊張感を持ったストーリーが展開された。
 このうちウルヴァリンの物語は、同じリック・リメンダーが手がける『アンキャニイ アベンジャーズ』に引き継がれることになるだろう。Xフォースも別の形で存続するが、もうこのチームは見られないと思うと寂しい。
 アート面では、ジェローム・オペニャが抜けた後がなかなか埋まらなかったが、フィル・ノート(『X-23』)が意外なほど……と言っては失礼だが、この作品に合ってて幸いでした。
 ちなみに当ブログでは、AvXの後ぐらいに特集する……予定です。


 以上、このアメコミがすごい!2012、ベスト10でした。
 結局、マーベルばっかりになってしまったなあ。一応、DCとか他のもちょこちょこ読んではいるんですが……最近、マーベルへの傾倒がますます強くなってるのは認めざるをえない。まあ、それだけ今のマーベルコミックスを楽しめてるってことだから、良いことにしておこう。異論は認めるけど、クレームは受けつけませんよっと。

 ああ良かった、なんとか年内に更新できたぞ(年の瀬に何やってんだか)。
 それでは皆様、良いお年を!

↓応援は拍手ボタンで!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

このアメコミがすごい!2012  6~10位 !

 年末恒例企画!?
 2012年、自分が読んだアメコミの中での、ベスト10を挙げてみたいと思います。
 別名、『このアメコミがすごい!』大賞2012!(非公認)
 さあ一体どんな作品が選ばれるんでしょうか?ワクワクしますね!俺一人だけが!(無理にテンションを上げていますが、何か?)
 では、まず10位から6位までの発表!


第10位:ホークアイ(Hawkeye)
 Hawkeye - Volume 1: My Life As A Weapon (Marvel Now)
 Story by:Matt Fraction Art by:David Aja Marvel Comics
bestcomics2012010.jpg
 ホークアイが主役の新シリーズ。アベンジャーズの外での、クリントの日常を描く。「オフビート都会派アクション・コメディ」とでもいう感じの、一風変わった作品になっている。
 デヴィッド・アジャの凝った画面構成も素晴らしい(画像は伝説の全裸ダイブw)。


第9位:シークレットアベンジャーズ(Secret Avengers)
 Secret Avengers by Rick Remender - Volume 1
 Story by:Rick Remender Art by:Gabriel Hardman/Matteo Scalera Marvel Comics
bestcomics2012009.jpg
 シークレットアベンジャーズと、機械生命体ディセンダンツとの戦いを描く。
 リック・リメンダーの奇想が爆発する、アクション快作。現在進行形でバトルが拡大しており、ついにマーベルユニバース全体を巻きこむ大事件に発展しつつある。先が気になる。
 アクションを優先させてるせいか、人間ドラマの部分がやや薄いのが惜しいところ。


第8位:ウィンターソルジャー(Winter Soldier) 
 Winter Soldier - Volume 1: The Longest Winter
 Story by:Ed Brubaker Art by:Butch Guice Marvel Comics
bestcomics2012008.jpg
 再びウィンターソルジャーに戻ったバッキーは、ブラックウィドウと共に、3人のスリーパーエージェントの行方を追う。
 スパイアクション物の傑作。しかし売り上げには結びつかず、一時は打ち切りになりかけ、結果としてエド・ブルベイカーがライターを降りることになってしまった。無念なり。
 あのジム・ステランコを意識したという、ブッチ・ギースのアートが素晴らしすぎる。


第7位:ウルヴァリン(Wolverine)
 Wolverine: Back in Japan
 Story by:Jason Aaron Art by:Adam Kubert, Ron Garney(etc) Marvel Comics
bestcomics2012007.jpg
 もっぱらジェイソン・アーロンの、『Back in Japan』編への評価。ニンジャやヤクザなどの、日本描写も楽しかった。
 アーロンが降りた後は、カレン・バンジェフ・ローブが手がけたが、いずれも今ひとつだったのが残念。
 マーベルNOW!以降の、新展開に期待したい。


第6位:ソー:ゴッド・オブ・サンダー(Thor: God of Thunder)
 Thor: God of Thunder
 Story by:Jason Aaron Art by:Esad Ribic Marvel Comics
bestcomics2012006.jpg
 マーベルNOW!を代表して、こちらのタイトルを選んだ。マーベルNOW!はまだ始まったばかりではあるが、今のところ面白いタイトルが多くて困ってます。
 特に本作は、ヒロイックファンタジーとしても秀逸。

 次回は5位以降の発表です!

↓応援は拍手ボタンで!
関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

2012年 アメコミ重大ニュース!

 年の瀬ですね。1年の総括をする時期になりました。
 てなわけで、独断と偏見で選ぶ、2012年、アメコミ重大ニュース・ランキング!

第3位:アベンジャーズ VS X-MEN
news2012003.jpg
 マーベルコミックス2012年のイベントでは、同社を代表する2つのヒーローチームが激突しました。
 ファンの間では賛否の混じった議論が巻きおこり、売り上げ的にも絶好調で、あの『シビルウォー』にも匹敵するほどの、話題を呼んだイベントになりました。
 当ブログでも大々的に取り上げました……が、現在は途中で更新が止まっておりますw


第2位:マーベル NOW!
news2012002.jpg
 2011年には、DCコミックスの新展開・DC NEW52が話題をさらいましたが、マーベルがそれに対抗して出してきたカードが、マーベル NOW!です。DCが「ユニバース全体を再生し、歴史を一から始めた」のに対し、マーベルは新機軸を打ち出しつつも、あくまでも歴史を存続させた形を取ったのが、両社の個性の違いが出ていて興味深いところ。
 マーベル NOW!全体の成否についてはまだ判じられませんが、今のところはセールス的にも内容的にも好評の模様。2013年以降も要注目です。


第1位:アメコミ映画、大盛況!
news2012001.jpg
 今年の夏は、アメコミ映画の夏でした。『アベンジャーズ』『ダークナイト ライジング』『アメイジング・スパイダーマン』と次々と公開。
 特に『アベンジャーズ』は世界中で大ヒットし、歴代興行収入3位という記録を成し遂げました。日本では大ヒットとまでは行かなかったようですが、それでもマーベルヒーローの知名度が飛躍的に向上したのは間違いありません。
 そして2013年にも、『アイアンマン3』『ウルヴァリン:SAMURAI』『マン・オブ・スティール』など、続々と公開が控えており、アメコミ映画の攻勢はまだまだ続きそうです。

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

スタン・リー、90歳の誕生日を迎える

 我らのスタン・リーが、12月28日に90歳の誕生日を迎えられました。和風に言うと卒寿ですね。

stanlee090.jpg

 おめでとうございます!
 来年もマーベルの映画が続々と公開されるので、スタン氏も忙しいと思いますがw
 これからも身体に気をつけて、いつまでも長生きしていただきたいものです。  

↓応援は拍手ボタンで!
関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

アルティメット・スパイダーマン 動画配信

 ディズニーXDで、『アルティメット・スパイダーマン』の動画配信をやってますね。
ulspidymovie001.jpg
 アルティメット・スパイダーマン 動画配信

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

マーベルコミックスのサンタクロース

 先日、ジーングレイ学園ジェネシスことエヴァン君が、ツイッターでこんなことをつぶやいてました。

evansanta002.jpg
「うん、僕はまだサンタクロースを信じているよ。僕らは、ファンタスティック・フォーゴッド・オブ・サンダーたちがいる世界に生きてるんだ。どうしてサンタがいないわけがあるんだい?」

 エヴァン、あいかわらずピュアな子。ぷぷ、サンタがいるなんて信じていいのは小学生までよねー♪ねー♪

 ……正解です。
 マーベルユニバースには、サンタが存在します!

santa001.jpg

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

マーベルユニバース 冬休み特別編成&『超人ハルク:サカールの預言』1月1日放送!

ulspidynew001.jpg
 ディズニーXDマーベルユニバースは、本日・12月24日(月)より冬休み特別編成で、毎日・夜8:00に、『アルティメット・スパイダーマン』『アベンジャーズ 地球最強のヒーロー』を一話から放送。
 ただの再放送かと言うなかれ、アベンジャーズのほうは、HD放送されるのは初めてのエピソードが多いので、要チェック。
 そして、日曜日のレギュラー放送のほうは、どうやら1月から『アルティメット・スパイダーマン』のニューエピソード(#14~)が放送されるらしい。らしい、って言うのは公式のHPで確認が取れないからだけど、とりあえず手元のTVガイドではそうなってます。
 フューリー、コールソン、そしてフラッシュ(!)が主役の回、さらにキャプテンアメリカ、アイアンマン、ソー、ハルクのゲスト回なんかもあったりするので、楽しみにしましょう。

 そして、来年1月1日の夜9:00からは、『超人ハルク:サカールの預言』が放送。

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

アベンジャーズ ブルーレイが届いた!

aveblucov.jpg
 アベンジャーズ ブルーレイ(3枚組/デジタルコピー & e-move付き) [Blu-ray]

 アベンジャーズのブルーレイが届いた!
 とりあえず、特典映像をちらちら見てるんだけども……

aveblu001.jpg
 NGシーン集が、最高に楽しいぜ!イエーイ。

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

マーベルゾンビーズ 2 12月20日発売

marvelzo2001.jpg
 マーベルゾンビーズ 2 (MARVEL)
 ロバート・カークマン (著), ショーン・フィリップス (イラスト), 石川裕人 (翻訳), 御代しおり (翻訳)
 ヴィレッジブックス (2012/12/20)  ¥ 2,625

 マーベルゾンビーズ、待望の続編襲来!
 ゾンビだって内戦(シビル・ウォー)したい! 驚天動地の話題作にして問題作『マーベルゾンビーズ』、お待ちかねのシリーズ第2弾がついに日本を襲う!?


続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

アルティメッツ 買いました!

ultimatesimage.jpg
 アルティメッツ
 マーク・ミラー (著), ブライアン・ヒッチ (イラスト), 光岡 三ツ子 (翻訳)
 小学館集英社プロダクション (2012/12/15) 376ページ ¥ 3,360

 みなさん、『アルティメッツ』はもう買いました?なに、『ジャスティス・リーグ』のほうを買った?

ultimatehulk001.jpg
「日本のアメコミファン、ハルクおこらせた!
 ハルク、ムラムラする!!」


 ……というわけで、ハルクに食われたくなかったら買いましょう。もしくは、両方買えばいいじゃない!

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

カバーラン -アダム・ヒューズ カバーアートコレクション at DCコミックス

ah001.jpg
カバーラン -アダム・ヒューズ カバーアートコレクション at DCコミックス- (DC COMICS)
 アダム・ヒューズ (著), 石川裕人 (翻訳)
  パイインターナショナル (2012/12/14)  ¥ 3,675

 強い! かわいい! 美しい! 最強のカバーアート集登場

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

ジェネレーションX、復活……?

genx001.jpg

 ジェネレーションX、復活!……と言いたいところですが、残念ながら、この絵は、『All-New X-Men #6』の、X-MEN・50週年記念ヴァリアントカバー。
 CBR:Axel-In-Charge: Landing Marvel NOW!, Expanding Ultimate
 でも久しぶりに、クリス・バチャロの描くジュビリーたちが見れて感無量。

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

2013年3月のマーベルコミックス

 2013年3月の、マーベルコミックスのラインナップが発表されました。

wolnowimage001.jpg
 CBR:Marvel Comics Solicitations for March, 2013

 既にお伝えした通り、3月には2つのイベントが始まります。
 エイジ・オブ・ウルトロン 来る!
 X-MEN新イベント、X-ターミネーション!

 そして新タイトルは、ウルヴァリン
 マーベル NOW!~ウルヴァリン NOW!

 『アンキャニー アベンジャーズ』の新展開。
 ラグナロク NOW~ソー VS アポカリプス!

 3月も盛りだくさんですね。さて、その他のトピックは……
 
 allnewxmen008image.jpg
 『ALL-NEW X-MEN』では、過去から来たファーストファイブが、アベンジャーズに遭遇。
 さらに、彼らの新コスチュームが登場するそうです。うわっ、どんな格好になるか気になるw


aplisximage006.jpg
 『A+X #6』では、なんとロキシニスターがチームアップ!
 ヴィランまでプラスかよ!しかも今、ロキは子供、シニスターは女性の姿なんだがw ライターは、近年、2人のキャラクターを手がけてきたキーロン・ギレン
 そして、ピーター・デイヴィッドが書く、ウルヴァリン + キャプテン・マーベル(元・ミス・マーベル)も。こっちも楽しみ。


ironmanspace001.jpg
 一方、アイアンマンは宇宙で、✕✕✕✕✕✕を殺した罪で裁判に!?


uwolimage001.jpg
 アルティメットユニバースでは、ウルヴァリンのミニシリーズ、『Ultimate Comics Wolverine』が。あれっ、あんたは死んだはずでは……
 実際は、息子のジミー・ハドソンが主役で、ウルヴァリンは回想で登場する模様。

 3月は、こんな感じです。やっぱり、『エイジ・オブ・ウルトロン』が話題の中心になるかな?



↓応援は拍手ボタンで!
関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

ラグナロク NOW~ソー VS アポカリプス!

 『アンキャニイ アベンジャーズ』の新たな展開についてのニュースです。

 現在のレッドスカルとの戦いを描く、最初のストーリーアークが#4で終了し、サンファイアら新メンバーが加わる#5を経て、#6(2013年3月発売)からは新たなストーリーが始まる。
 その名も、「ラグナロク NOW(Ragnarok Now)」

 そこで、『ソー:ゴッド・オブ・サンダー』でも登場した、まだムジョルニアを持つ前の若きソーが、11世紀を舞台に、あのアポカリプスと戦うというのだ。

thorvsapo001.jpg
 CBR:Remender Takes "Uncanny Avengers" To The Next Step
 IGN:Ragnarok Comes for the Uncanny Avengers

 ヤング・ソー VS ヤング・アポカリプス!

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

ウルヴァリン: SAMURAI 新ポスター公開

 『ウルヴァリン: SAMURAI』公式サイト(アメリカ)で、新しいポスターが公開。 
 雨が降りしきるモーションポスターもあります。 

wolsamuraiposter003.jpg
 日本刀を持ち、雨に打たれるウルヴァリン。渋い……カッコ良い……

 正に必殺シリーズのような「光と影の織りなす映像美」!……を期待してもいいですか?
wolsamuraiposter002.jpg

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

X-MEN レガシー #1 レビュー

xlegacynow001cov.jpg
X-Men Legacy #1
Story by:Simon Spurrier
Art by:Tan Eng Huat
November 14th, 2012/Marvel Comics/$2.99

マーベル NOW! レビュー記事一覧
(*2012年11月14日に発売されたコミックです。ネタバレにご注意ください)

<ストーリー>
 デヴィッド・ハラー、別名リージョンは、それぞれが別の能力を持った多重人格によって、絶えず苦しめられてきた。しかし、父親であるプロフェッサーX、そして導師メルツァー・ザ・ミスティックの助けにより、ようやく彼の精神は癒されつつあった。彼の多重人格は、コルテックスという精神の牢獄に閉じこめられた。

xlegacynow001002.jpg
 だが不幸なことに、リージョンの平安は打ち破られた。アベンジャーズX-MENの最終決戦の影響により、コルテックスは破壊され、パワーの暴走の結果、メルツァーを始め周囲の人間を滅ぼしてしまう。こうして再び、リージョンの放浪が始まった……
 一方、ジーン・グレイ学園では、ブラインドフォールドが異変を察知。X-MENも、リージョン探索に乗り出す。

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

キャプテンアメリカ #1 プレビュー&レビュー

capnow001cov.jpg
Captain America #1
Story by:Rick Remender
Art by:John Romita Jr
November 21st, 2012/Marvel Comics/$3.99

 突入!ディメンションZ!
 マーベル NOW! レビュー記事一覧
(*2012年11月21日に発売された最新コミックです。ネタバレにご注意ください)

capnowimage001001.jpg

<↓日本語版プレビュー!>
capnow001002.jpg capnow001003.jpg
capnow001004.jpg capnow001005.jpg

 <ストーリー>
 1926年。マンハッタン、イーストサイドの下町。
 あるアイルランド移民の夫婦が口論をしている。幼い息子が、机の下に隠れ泣きながらその様子を見ていた。
 職にあぶれ酒に逃げる父を、母は叱咤する。怒り、手を上げる父。しかし母は暴力にもひるまず、ついに父のほうが折れる。
 息子を抱き上げる母。息子は不思議そうに母に尋ねた。「こんなに殴られたのに、どうして黙らなかったの?」と。
 息子の目を見ながら、母はこう言った。

capnow001010.jpg
「よく聞きなさい、スティーブ……どんな時でも、立ち上がるのよ」

 そして現代。
 時を超え、スティーブ・ロジャース……キャプテンアメリカは今日も戦い続けている。

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

X-MEN新イベント、X-ターミネーション!

 2013年3月より始まるX-MENの新たなイベント、『X-Termination』が発表された。

xtermimage001.jpg
 Marvel:Wednesday Q&A: X-Termination
 Newsarama:Lapham's AGE OF APOCALYPSE Targeted For X-TERMINATION
 CBR:EXCLUSIVE: Liu Brings "Astonishing X-Men" to "X-Termination"

 『X-Termination』は、

 『アストニッシング X-MENAstonishing X-Men)』
 『エイジ・オブ・アポカリプスAge of Apocalypse)』
 『エクストリーム X-MENX-Treme X-Men)』

 以上3誌による、クロスオーバーイベントである。
 2013年3月に『アルファ』が出版され、各誌をめぐった後、4月の『オメガ』で完結。小規模なイベントと言えよう。クリエイティブチームは、マージョリー・リュウ(Marjorie Liu)、デビッド・ラッファン(David Lapham)、グレック・パク(Grek Pak)ら。

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

シビル・ウォー・クロスオーバー・シリーズ 予約開始

 ヴィレッジブックスのHPで、シビル・ウォー・クロスオーバー・シリーズ(通販限定商品)の予約が始まってますね。

civilwarspidy.jpg
 シビル・ウォー・クロスオーバー・シリーズ① 通販限定商品 定期購読スタート

 詳細は、リンク先を見てもらえばいいんですが、申し込むと2013年3月~9月までの7か月間、シビル・ウォー・クロスオーバー・シリーズが毎月一冊届くそうです。
 予約締切日:2013年2月28日。

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

ソー:ゴッド・オブ・サンダー #1 プレビュー&レビュー

thorgot001cov.jpg
Thor: God of Thunder #1
Story by:Jason Aaron
Art by:Esad Ribic
November 14th, 2012/Marvel Comics/$3.99

過去・現在・未来……ソーが対峙する「神を虐殺する者」とは!?
マーベル NOW! レビュー記事一覧
(*2012年11月14日に発売された最新コミックです。ネタバレにご注意ください)

thorgot001001.jpg

<↓日本語版プレビュー!>
thorgot001002.jpg thorgot001003.jpg
thorgot001004.jpg thorgot001005.jpg


 <ストーリー>

 これは、過去、現在、そして未来における雷神ソーの戦いの物語である……

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

ファンタスティック・フォー #1 レビュー

ffournew001cov.jpg
Fantastic Four #1
Story by:Matt Fraction
Art by:Mark Bagley
November 14th, 2012/Marvel Comics/$2.99

マーベル NOW! レビュー記事一覧
(*2012年11月14日に発売された最新コミックです。ネタバレにご注意ください)

<ストーリー>
 白亜紀で恐竜と格闘する、ファンタスティック・フォー。それは彼らにとってはありふれた冒険のはずだった。しかし、リード(ミスター・ファンタスティック)が腕に怪我を負う。
 なんとか現代に戻った4人を、フューチャー・ファウンデーション(FF)の子供たちが迎える。
ffournew001003.jpg

 それぞれに、平和な一時を過ごす彼ら。
 ジョニー(ヒューマントーチ)は、ガールフレンドのダーラネガティブゾーンでデート。
 ベン(シング)は、ヤンシー・ストリート・ギャングと小競り合い。
 スー(インビジブル・ウーマン)は、子供たちの寝顔に微笑みを浮かべる。

 そんな彼らに、リードが新しい冒険に出ることを提案する。時間と空間を飛ぶ船に乗り、一年間の旅に出発するのだ。今度は息子のフランクリン、娘のヴァレリアも一緒に連れて行く。子供たちの勉強にもなるだろう。タイムマシンなら、一年間の旅でも、数分後には帰って来られる。それでも万が一、何か事件が起こった時のために、代役の4人のメンバーを選んで後を託そう……(これが、新・FF結成につながる)
 こうして4人の大人と、2人の子供が、時間と空間を超える未知の冒険に出発することになった!
 
 しかしリードには、家族にも教えていない、隠された旅の目的があった。
ffournew001004.jpg
 実は、宇宙線を浴びて超能力を得たファンタスティック・フォーは、細胞の崩壊を起こし、その超能力を失いつつあった。リードは自らの怪我から、その事実を知ったのだ。しかも超能力を失うと共に、彼らの命も失われる……家族を救うため、未知なる宇宙でその解決法を探すべく、リードはこの旅に出ることを決意したのだった……

続きを読む

関連記事

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

プロフィール

MONDO

Author:MONDO
行ってみたいなジーン・グレイ学園。そんなアメコミ好きのオッサンのブログ。

↓ツイッター始めました
mondocomics2013

コメント欄よりツイッターに話しかけてくださったほうが、レスポンスが良いかと思われます。

FC2カウンター
最新アメコミ関連商品

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

最近の記事
カレンダー
11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
スポンサードリンク
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
FC2ブログランキング 応援お願いします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング 応援お願いします