Ultimate Spider-Man Vol.17:Clone Saga (その4) 完結編

ultspidy103cov.jpg
 Ultimate Spider-Man 17: Clone Saga

 これまでのお話は……
 Ultimate Spider-Man Vol.17:Clone Saga (その1)
 Ultimate Spider-Man Vol.17:Clone Saga (その2)
 Ultimate Spider-Man Vol.17:Clone Saga (その3)

 ヒューマントーチとともに、ファンタスティック・フォーの本拠バクスタービルに向かうピーター。そこでは、怪物に変身するオズ・フォーミュラを投与されたMJが、治療を受けていた。再会した二人は、互いを抱きしめる。
ultspidy104002.jpg
 ピーターは、MJを遠ざけていたことを詫びた。
「君が好きだ、MJ。君が正しい、僕が間違ってた。もう少しで君を失うところだった。ぼ、僕は君を愛してる」
 その言葉を聞き、嬉しそうに微笑むMJ。紆余曲折を経て、ようやく二人は元の鞘に戻った。

 そこにリード・リチャーズが意外な話をする。MJの治療の過程で、オズ・フォーミュラを無効化する方法を見つけた。オズ・フォーミュラで変異したクモに噛まれて能力を得たピーターも、同じく治療できると言うのだ。
「君はもう、スパイダーマンでいる必要は無いんだ。あとは君次第だよ」
 急な申し出に、戸惑うピーター。とりあえず答えを保留し、再びトーチとともに飛び立つ。
 メイおばさんが、一連の事件のショックで心臓発作を起こし、病院に運ばれていたのだ……

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

アルティメット スパイダーマン(Ultimate Spider-Man)  記事リスト


○アルティメット スパイダーマンシリーズ (アメコミ新潮) 
 誕生編~ヴェノム編までは、新潮社より翻訳版が出ております。

続きを読む

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

Ultimate Spider-Man Vol.17:Clone Saga (その3) NEW



ピーターの周囲で事件が起きたことを、ニュースで知ったキティ・プライド。X-MENを急き立て、ピーターの元に向かう。彼の心を取り戻すために、自分が彼の恋人だと証明するために。

廃墟のオズコープで、攫われたMJを見つけたピーターとジェシカ(スパイダーウーマン)。だがすでにMJは怪物に変身する薬、オズフォーミュラを注入されていた。果たして彼女は元の体に戻れるのか?
そこに、フューリーとファンタスティック・フォーを伴い、宿敵ドクター・オクトパスが現れる。
us10309.jpg
「一体どういうことか、説明してもらおうか」
ドクター・オクトパスの突然の出現に驚いているのは、ピーターだけではなかった。横にいるフューリー、FFらも事態を把握していないようだった。
「君に答える必要はないがね、フューリー」
スパイダーマンに敗れ、監獄に閉じ込められていた頃とは、明らかに違う自信に溢れたオクトパス。
「刑務所に送られた後、私は政府の人間と取引をしたのだよ。彼らのために、スーパーソルジャーを作るという条件でね。政府の中には、ニック・フューリーがスーパーヒーローを率いて力を独占するのを気に入らない人間が、大勢いるようだな」
そして、ベン・ライリーを通じて、スパイダーマン=ピーター・パーカーのDNAサンプルを手に入れたオクトパスは、それを元にクローンたちを作り上げたのだった。
何もかも、この男が・・こみ上げる怒りを抑えきれないピーター。
「おやおや、泣きそうじゃないか、スパイダーマンが。私は君には何もしていないぞ、坊や。私は自分の仕事をしたまでさ。たまたまそれが、君の人生を跡形もなくブチ壊してしまったが。跡形もなく・・・ね」
ピーターは邪悪な笑みを浮かべる目の前の男に、生まれて初めて殺意を覚える。

だがオクトパスは、さらに衝撃の真実を口にする。
「私は様々なクローンを作り上げた。女性バージョン、それに成長速度を調節し、偽の記憶を移植して作った、君の父親・・・」
「え?」
「どうだね、ノーベル賞ものだろ?君には感謝しているぞ、パーカー」
「父さん・・・あの人は、僕の父親じゃ・・・」

us10307.jpg
同じ頃、メイが運ばれた病院の待合室で、リチャードの様子に不信感を持ったスー・ストームは彼の血液を検査する。結果は、リチャードはピーター・パーカーとほぼ同一人物、つまりクローンに他ならなかった。オクトパスの言葉は真実だったのだ・・・・

「君の父親は確かに飛行機事故で死んだよ、パーカー。おや、あの男を本気で父親だとでも思ったのか?君はもう少し賢いと思っていたがね」
us10308.jpg
心を弄ばれた悔しさに、歯をくいしばるピーター。だが次の瞬間、フューリーに向かって静かに言った。
「フューリー、取引をしよう。10分間だけ外に出ていてくれ。その後は、降伏してあんたと一緒に行くよ」
馬鹿げた提案だとあざ笑うオクトパス。だが意外なことに、フューリーはこの申し出を承諾。彼とシールド部隊、それにMJを引き取り、ファンタスティック・フォーも外に出て行った。

対峙するオクトパスとピーター、そしてクローンたち。すでにフューリーによって人工アームを処分されてしまったオクトパスに、勝ち目はないかに見えた。だがその時、側の鉄柱が突然舞い上がり、クローンの一人、六本腕の男の体を貫いた!
「私の秘密を教えてやろう・・・アームではないんだよ、ピーター!金属だ!私が操っていたのは、金属だったのだ!!」
us10306.jpg
周囲の金属が、嵐の様に飛び交う。オクトパスの意外な能力の前に、苦戦するピーターとジェシカ。
「負けを認めるんだな、若造!」
だが、ピーターの怒りはオクトパスを上回る。素手で金属の触手を破壊し、オクトパスを追い詰める。猛り狂ったオクトパスは「死ね!」とわめきながら、さらに金属の嵐を加速させた。だがピーターとジェシカは、それさえもかいくぐり、オクトパスの懐に飛び込んだ。
us104.jpg
二人のスパイダーマンの拳の前に、ついにオクトパスは倒れる。
六本腕のクローン、顔の崩れたクローンは死に、残ったのはピーターとジェシカだけだった。約束を守り、フューリーの下に行こうとするピーター。だがフューリーを信用できないジェシカは、その場から立ち去るのだった。
オズコープの外では、遅れて到着したオクトパスの後ろ盾、ピーター・ガイリックとFBIが、フューリーと押し問答をしている最中だった。そこに出てきたピーター。だがヒューマントーチが飛んできて、止めるフューリーらを振り切り、ピーターを連れ去る。

その頃、もう一人のクローンの命が、静かに終わろうとしていた。
自分をピーターの父親リチャードだと信じていたクローンは、成長を加速させた後遺症か、みるみる年を取り、今や老人になっていた。スー・ストームによって、自分がクローンだと聞かされ取り乱したリチャードだったが、やがて自分の運命を受け入れたのか、静かにスーに語りだした。
us10404.jpg
「君、ピーターの友達になってくれないか?こんなことの後では、頼る友達が必要だろう。でもあの子は孤児だから、人に頼ることには慣れていないんだ。頼めるかな、あの子が必要な時、友達になってくれると」
「もちろんですわ」
「ありがとう。いろいろとありがとう。君のご家族にも、礼を・・・・」
リチャードは目を閉じ、そのまま息を引き取った。最後まで、ピーターの父親として・・・
us10406.jpg




お待たせしました。
そしてクローンサーガ その4に続きます。次回こそ本当に完結!

Ultimate Spider-Man Vol.17:Clone Saga (その1)
Ultimate Spider-Man Vol.17:Clone Saga (その2)

 

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

とりあえず・・・

過去に書いたクローンサーガの記事に、加筆修正しました。

Ultimate Spider-Man Vol.17:Clone Saga (その1)

Ultimate Spider-Man Vol.17:Clone Saga (その2)

この続きは、もうちょっとだけお待ちください!(汗)

テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

Ultimate Annuals 2 NEW!



ULTIMATES ANNUALS Vol.2
(THE ULTIMATES ANNUAL #2, ULTIMATE FANTASTIC FOUR ANNUAL #2, ULTIMATE X-MEN ANNUAL #2 and ULTIMATE SPIDER-MAN ANNUAL #2収録)

デアデビル、パニッシャーが登場。彼らは「Ultimate Marvel Team-Up #6-8」で既にスパイダーマンとは競演ずみ。

街に新たな犯罪者カンガルーが現れた。ジャンヌ・ディオルフ警部から、カンガルーを退治するよう依頼されたスパイダーマン。だがそこにデアデビル、パニッシャー、さらにムーンナイトまで現れ、三つ巴・四つ巴の戦いに。
乱闘の結果、カンガルーはディオルフ警部に逮捕され、事は収まったかに思えた。だがその時、パニッシャーの銃弾がディオルフ警部を殺害する。怒りに震え、パニッシャーに殴りかかるスパイダーマン。だがそこで意外な真実を聞かされる・・・・

「Warriors」「ULTIMATE KNIGHTS」をつなぐエピソードです。
アルティメット版のデアデビルは、オリジナルとほとんど変わりません。あまりイジる必要が無かったということでしょうか。パニッシャーも同様ですが、海兵上がりではなく、元警官という設定です。


テーマ : アメコミ
ジャンル : サブカル

プロフィール

MONDO

Author:MONDO
行ってみたいなジーン・グレイ学園。そんなアメコミ好きのオッサンのブログ。

↓ツイッター始めました
mondocomics2013

コメント欄よりツイッターに話しかけてくださったほうが、レスポンスが良いかと思われます。

FC2カウンター
最新アメコミ関連商品

fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ
fujisan.co.jpへ
/~\Fujisan.co.jpへ

最近の記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
スポンサードリンク
カテゴリー
最近のコメント
月別アーカイブ
リンク
FC2ブログランキング 応援お願いします

FC2Blog Ranking

人気ブログランキング 応援お願いします